FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

リセットフード

おそろしく多忙な日々が一応終わりを告げました。

先週末に 長野に行って がっちりマンデー まで飲んだと思ったら 月・火・水 と深夜残業し木曜からまた長野入り。 途中のどっかで自転車を外に置いてきたことに気づいたのが月曜。 重症。


わたしの場合 すごく疲労が蓄積したあと、 カラダをリセットするのには 「ヨガ」 はもちろんのこと、 「キャベツ」 がいいようです。 生でよし、 温野菜にしてよし、 スープにしてよし、 ときにおかゆもあり、と。 塩気が好きなのでムクみやすいせいか キャベツのカリウムがいいんでしょうか。 たぶん。

ここ2、3日 キャベツばっかり食べていたら 体調も復調中です。
こういう自分に合ったものを知っておくのは大切で (ここらへんがヨガ・スピリットっぽい) 知っておけば多少無理をしても復活が早い (ここらへんは非ヨガ的)。

3月の課題は blog の UP と代休取得。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/27(火) 23:31:57|
  2. 料理天国・ホムパ記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Crazy life still goes on..

土日にかけて長野県の酒蔵とワイナリーの見学に行きました。

これがまた飲みまくりツアーで もはや 「もうひとつの東京マラソン」 と呼んでも過言ではないでしょう。 2日間にわたり朝の9時から夜中まで飲みまくり2日間で5Lほど酒を飲んだと思います。 ですよね?

朝はシャンパン、 昼は白ワイン、 午後に入れば赤ワイン。
風呂でビール、 蕎麦屋で岩魚骨酒、 深夜のカフェでポートワイン。

長野から戻って解散したあとも 池袋 > 新宿 > 代々木上原 と、 乗り換えの都度のんべんだらりんと飲み続け、 解散した Fireking Café が日曜深夜1時。 もはや週末ではありません。 がっちりマンデー。

その前から最近は仕事が忙しく それでもなお飲み歩くことをあきらめないので たいてい毎日深夜まで仕事または飲酒で費やしてしまっており、 累積疲労もかなりキテます。 がんばれ、ミソナカ。

週が明けて月曜、火曜はやっぱり続けて深夜まで残業。 仕事の山が終わったら倒れそう、 と思ってたら 昨日の夜中、 風邪の初期症状がふっと出てきましたが ウコンとビタミンCと風邪薬で5時間で朝までに治しました。 すげー、 ミソナカ。


そんな仕事の合間の息抜きに 「残業でも安心、遅くまで営業中♪」 なんて美容院のサイトを見ていたところ OLの 「残業」 は所詮9時が相場では、 という衝撃的な仮説を突き付けられました。

OLは夜中の1時まで仕事したり酒飲んだりしちゃいけないんでしょうか。
それとも裁量労働者はOL名乗ること自体しちゃいけないんでしょうか。
それとも単にわたしの仕事が遅いだけなんでしょうか。

仕事の山が片付いたら代休とりまくるので ツアー詳細はほどなくUPします。

お誕生日プレゼントありがとうございました、 というメールを この記事より先に打つべきでした。 やっぱり優先度間違ってるダメ子なんだな。
  1. 2007/02/21(水) 01:50:30|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大日本麦酒の夢

恵比寿のビール会社の置かれた状況が本気で心配になった2月のある日、 秘密結社は憂国の思いで集合し会議を開きました。

場所は新橋、 「サラリーマンの聖地」 と呼ばれる(ほんとか?) ニュー新橋ビルの裏手の細い細い路地にあるお店、 これまたさらに細い階段を上がったところにあるアジトにて。 「不夜城」 に出てきそうな。

お店の名前も忘れた・・ というか秘密めいていて書いちゃいけない気がするというか、 とにかくそんなお店にて。 最近この手の場所で飲むことが多いのですが 「誰かの家」 みたいな生活観あふれる隠れた天井座敷。

居酒屋メニューとおでん、 そこにワイン持ち寄り。 かかっている有線が 雰囲気にぴったりの 70-80年代の懐メロで いつのまにか当事者であるはずのエビス勤務本人がギターを弾き始めたりして 結局やっぱりただただ酔っ払うのでした。

会議の結論は ビールの味のバラエティは減らしてはいかん、 とかその程度。 わたしとしては やっぱり恵比寿の味と浅草の味は厳格に違うので そこが一緒になられても なんとなくしっくり来ないのです。 かつては同じ会社だったのにね。
  1. 2007/02/17(土) 23:11:31|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

パスタ上等 :: 代々木上原 Casa Vecchia

ちょいワルとちょいM (いや、じゃなくてドMか) と 食事でもどう? ということになりあっさり快諾してみたものの 気づけばその日は 「バレンタインデー」 じゃありませんか。

パスタが絶品の 「街の巨匠」 の店、 代々木上原の Casa Vecchia にて。

アレンジしてくれたAさんが急病でお休み。 にしても妙齢の男女が6人で食事なんかしてていいんでしょうか。 周りを見渡せばすべてカップルばっかり。 前に来たときも思ったのですが このお店は男性スタッフが多い割にインテリア、お食事のプレゼンテーションがとてもかわいらしいんですよね。 バレンタインにぴったりですね、 ますますすみません。

「屋台のコース」 が 3,990円で 前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、コーヒー。

パスタとメインはメニューから選べます。 とてもリーズナブル。 わたしが選んだのは名前が面白くて 「ふしだらな (ナンチャラ)」 というパスタ。 名前は忘れてしまったのですが・・ 手打ちのパスタをいろんな型で抜いた後にあまったハギレのような形状のもの。 それがちりめんキャベツとベーコンと一緒に供される一皿。 どうして 「ふしだら」 なんだろう。 その後のメインには子羊をいただきました。

ワインはスプマンテをまず1杯、 その後 白×1、 赤×2、 デザートワイン。

0301 0301 0301


RONCO DELLE BETULLE
フリウリ州の白。 RIBOLLA GIALLA というブドウ品種。 GIALLA というのはもともと黄色という意味から来てるそうで 色もとてもイエローが強い。 フルーティーでミネラル分がとても豊富でグラマラスな白ワイン。 エチケットのチョウチョがキラキラでかわいい。 そういえばこの日もチョウチョのワインを飲みましたなぁ。

Saltner Blauburgunder Pinot Nero 2004
サルトネル ピノ・ネロ 2004
ピノネロといえばイタリアのピノノワール。

Borc Dodon
ボルク・ドドン

イタリア北部のビオワイン。

食後には 「R!」 という名前のポートのようなワイン。

20年越しの再レコーディングは結局一度も聴かないままにバレンタインは暮れていくのでした。


みずから検索用 : 代々木上原 イタリアン
  1. 2007/02/15(木) 23:11:14|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年間最大の接待日

いつからそんな呼称になったかバレンタイン。
デビューは不二家のハートチョコだったバレンタイン。

60円 (たしか) からスタートしたバレンタイン歴、 国生さゆりを経て いまやもはや 「チョコレート」 ではなく 「ショコラ」、 そのインフレっぷりと言ったらノンストップ。 1粒500円が相場だとか聞きました。

日ごろ不足しがちな女性ホルモン、 休日出勤でさらに枯渇してしまったので 他人のおこぼれから補給すべく わたしもあのジョシの波の中へ。

タカシマヤの Amour du Chocolat、 今年もに賑わってました。

メゾンドショコラとかオリオールバラゲとかトシヨロイヅカあたりまでは 十分に catch-up していたものの 今年は何が売れ筋なのかわかりません。

なんかジョシ力落ちてるよなぁ・・。 ミソナカのせいか。

やっぱり季節モノ、 祭りモノ、 ついでに限定モノは好きなんです。
  1. 2007/02/13(火) 23:23:17|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サヨナラゲタゾロ

誕生日を迎えました。

嘉門達雄も歌っているように 「学年では一緒だけど年は違う」 とちょっと優越にひたる早生まれ。 28歳から数えてません、っていうのも いい加減どうなんでしょう。

なんだかバタバタいろんな用事をこなす合間に撮影中の高橋克典を見ました。 スーツのジャケットを着る背中がイイのは三頭筋と背筋がキモだな。 黒さ加減が松崎しげる級でした。 その後 表参道のソフトバンク旗艦店で見たホワイト選手は対照的に白かったです。 新宿タカシマヤでは Louis Vuitton がリニューアルしてたし この週末はニューオープンの嵐??

いろいろお祝いしてもらったりパーティーを開いてもらったり、 その様子はまた今度。 キャンペーンは3月までやってますので!
  1. 2007/02/12(月) 21:47:53|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の :: 西麻布 THE CAMEL

たまに集まってワインを飲む友人がバースデーパーティーを開いてくれました♪
その会に今回初めて誘った知人まで同じ週に誕生日というプチサプライズつき。

30s ともなると誕生日というのはビミョウなもので (言うまでもなく) 成長した気もしないのになんだか年々あっという間に1年が過ぎてしまう。 でも当日付近になるとみんなが祝ってくれたりするので 結局ブルーってことはないんですけど。

Comedy Club というのに初めて行きました。 西麻布。 よくアメリカのテレビで見るみたいなステージでコメディアンがしゃべってる、というアレです。 サインフェルド方式とでも言いますか。 すごい毒があって面白くて でも淑女的には ここはウケちゃいけないっ、 というとこもかなりあったので軽くおさえながらも爆笑。

その後 小雨の中を歩いて二次会のお食事へ。

西麻布の THE CAMEL organic cafe という オーガニックワインをそろえたお店で 大きな通りから外れている分 静かで落ち着ける雰囲気のお店です。 お休みのランチもよさそう。 借りてでも犬と来たい。 (ワンコOKかどうかは未確認)

0212 0212


1. Solopaca rosso DOC

2. Vin de Pays d'Oc 2004 Domaine Font des Prieurs guy rambier et jacques tournant

0212


こちらはサプライズで用意してもらってたバースデーケーキ。

お食事もサラダ、温野菜、パスタなど 胃に優しくおいしかった。
ビオワインをいただいた日の翌日の法則で やっぱりお腹が空きました。


みずから検索用 : 西麻布 カフェ ワインバー
  1. 2007/02/10(土) 19:21:26|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod shuffle が5色展開

この春なんと5色展開。

0206


カワイイ・・ オレンジなんかわたしの服とはかぶらず 意外とカワイイかも・・。
やはり 「デジタル機器はバージョン3で買い」 の法則は生きていたのか・・。

でも 5色あってもやっぱりわたしはシルバーを選ぶ、 と納得することにいたします。


景気向上のしるしなのか、 この春デジタル機器はカラフル路線らしく (日経MJの受け売り)、 Sony の VAIO type C は6色。 Panasonic の Let's note R は新色をあわせて7色ですと。

エンタメ志向の VAIO に対して Let's note は見た目重視なようで結構なビジネス志向のハイスペック。 落下テストに耐えたというモデルですね。 天板カスタマイズは前からあったけど 実際に見てみるとビックリするような色だったりしてました。 今度の新色は前よりだいぶ趣味がいいようです。 これのピンクなんかカワイイ。 お出かけしたくなるかも。 Dual Core で メモリがっつり積んで Ultimate でサクサク動いたらかなり胸キュン。
  1. 2007/02/06(火) 23:26:55|
  2. トレンド観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

23時間いつでも :: 西麻布 AZABU HAUS

「NIKITA」 等で見かける エロ・ダイニング AZABU HAUS に行ってみました。 「等」 に含まれる一連の文化圏では 「深夜、早朝の逢い引きに(はぁと)」 とのこと、 23時間営業なんですって。 幡ヶ谷のセイフー (ほぼ24時間営業) と一緒ですね?

そういうイメージで行ってみたのですが なかなかどうして シックで落ち着けるスペース。 寒いところで育った風の目の詰まった木材と外の中庭の水の流れが落ち着かせてくれるので思わず時を忘れます。 はっ、それが手なのか??

お料理はいちおう用意されているメニューをベースに今日のオススメ食材で適当に組み立ててくれます。 シェフはもともとカノビアーノにいらしたんですって。 わたしたちが行った日はアマダイが入ったということで 前菜のカルパッチョにいただきました。 また違う鯛もメインにいただいたので 『鯛づくし』 で。

パスタの種類が豊富なので オイルベースのとミートソース(ここではポモドーロとは言わない) の2種類をいただき、 魚、 肉の両方、と。 いずれもゆっくりと少しづついただいていたつもりなのに 気づけばお腹いっぱいで 最後の牛肉は結局残してしまいました。 残念。


この日飲んだワインの記録。

GOSSET (乾杯)

Lugana 2004 Zenato
イタリアの白。 ヴェネト州の土着品種 TREBBIANO di LUGANA 100%
熟れ熟れの蜜のような華やかさと寒い冬に欲しい味わい深さ、 それでいてわざとらしい技巧のない白ワイン。 NIKITA的! なのか??

Barbera d'Alba 2002 BRUNO ROCCA
羽のエチケットがイタリアっぽくてカワイイ。

たしかわたしだけ どうも足りない、 と1杯だけグラスでさらに飲んだような。

03010301



みずから検索用 : 西麻布 六本木 フレンチ イタリアン
  1. 2007/02/01(木) 20:00:00|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ