FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

ピーマン焼酎 :: 六本木 弦月

ものすごっく久しぶりにサルサのレッスンに出ました。 もつれ足のまま乃木坂方面へ。 Bourbon Street、 AMORE、 閉店しちゃったけど L Vino へと続く裏通り。 ここは結構好きなのです。 ざわざわしてるのも楽しいけど 六本木には こういう静かな通りも結構あって こういうところでの発見の楽しさはありますよね。

この日ぶらりと立ち寄ってみたお店は 今をときめく 宮崎料理と焼酎のお店でしたよ。

nogizaka

変わった焼酎がいろいろあって これはピーマンの焼酎。
香りも ザ・ピーマン、 味わいも ザ・ピーマン。 野菜炒めみたいな青臭い面白い味でした。

子供のころからピーマンが好きでした。 野菜であることを隠しもしない この堂々とした青臭さに 「男気」 を感じていたのかもしれません。 代わりに中途半端に愛想よくフルーツヅラしたトマトが長いことキライでしたからねぇ。

宮崎料理。 知事が一生懸命アピールしている、 「地鶏の炭火焼」 や 「チキン南蛮」 もありました。 「ヒガシコクバルがやってるの 見たー!」 と連呼しながら宮崎の味、 堪能。

「ひでじビール」 という宮崎の地ビールもあって ピルスナー、 ヴァイツェンなどのタイプ別に きつね、もぐら、いのしし、むささび の名前がついています。 カワイイ。 緑の 「もぐら」 (エール) が一番好きなタイプかなぁ。



オープンエアになっていて地面に近い感覚、 面している裏道も気持ちいいし 器もデザインが凝っていて美しく、 いいお店を発見しました。 店員さんたちもとてもフレンドリーで感じがよくて ついつい・・ 来る人来る人全員に 「出身は宮崎??」 と聞くなんて。 そんな必要まではなかったのになぁ。




弦月 (ゲンゲツ)
港区六本木7-8-16 小河原ビル1F
03-3403-1013 
休 : 日・祝

みずから検索用 : 六本木 乃木坂 和食
スポンサーサイト



  1. 2007/09/30(日) 22:44:05|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台のおまけ :: ずんだ茶寮

sendai

ついでに食後に 「ずんだ餅」 を満喫。 グリーンがカワイイ枝豆のあん。 やっとジョシらしくなったねー。

sendai

これもエキナカ。 ずんだ茶寮が出している、 割と新しい 「ずんだカフェ」 にて。

ここでもやっぱり ササッと立ち寄って ササッと食べて立ち去る人が多かったように思います。 仙台だからなのかエキナカだからなのか外が雨だからなのかはわかりませんが。



最後に結局 「コーヒー飲みたいわ」 となり 立ち寄ってしまうのがいつものスタバなのでした。

やまびこ号で帰宅。 山形の旅、 完結。
  1. 2007/09/28(金) 00:40:31|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エキナカオイスター :: 仙台 かき鮮 海風土(うぶど)

日本列島の背骨のような山を横切るように東西に走る 「仙山線」、 夕刻。
途中の風景もさぞ美しいに違いない、 と期待していたのに・・

雨。

仙台に到着したら仙山線が止まっていたくらいの大雨。 山寺ではあんなに晴れてたのにぃ。


ホーム到着からいきなりスタバのお出迎えなんて、 さすが仙台は都会だわ。 山形では会う人会う人みんなが同じように訛っていたのに 仙台はかなり標準語に近いアクセントです。 なぜならここは東ッカタ、 太平洋側、 「都会」 だから。

週末の合コンも立ち往生ですよ、 仙台駅。 われわれも傘も持っていないのでエキナカステイ。 仙台駅のエキナカグルメ充実度はものすごく高く、 「牛タン通り」 に 「すし通り」 なんてあります。 山形で牛を食べまくっていたわたしたちが太平洋側に来て欲するのは 「牡蠣」。

sendai

仙台 かき鮮 海風土(うぶど)

松島のリゾートホテル、 「ホテル海風土」 の姉妹店。 エキナカに出店したフラッグショップという位置づけのせいか とってもお得です。

「お品牡蠣」 から まずは 「雄勝」 「志津川」 「南オーストラリア」 からの 3種類の生牡蠣 + ビール で 1,500円のセットをオーダー。 わたしは志津川が一番潮の味が濃くて好きかなぁ。 南オーストラリアのはミルキーで外国で食べる牡蠣を思い出しました。

「焼牡蠣」 「牡蠣寿司」 も美味。 「秋刀魚の刺身」、 「アブラボウ」 という魚のカマ焼 など 牡蠣以外の魚介も新鮮で惜しみなく気前がよくておいしゅうございました。

あと宮城県の地酒が豊富で見逃せないのが 「利き酒セット」。

海セット (一ノ蔵、浦霞、黄金澤) 、 風セット (金紋両国、墨廼江、栗駒山) 、 槌セット (綿屋、蔵王、夢幻) の3種類。 オプトアウトなしですべて制覇。


忘れないようにメモ。

「栗駒山」: 酸が強くてフレッシュ。 生牡蠣のよき友。
「墨廼江」: 風の3つの中では一番の好み。 酒のうまみがよく出ていて後からほんのり樽の香りが。
「金紋両国」: 芳醇でバナナのような吟醸香が。 新鮮な刺身に。

「綿屋」: これは 「酒くさい」 骨太。 男の酒という感じ。 灘っぽい。
「蔵王」: 濃厚で凝縮された味わい。
「夢幻」: これも吟醸香。 早いペースでくいくいイケてしまう味。

最後の海セットになるとメモがありません‥。 おなじみの飲みやすい 「一ノ蔵」、 もうちょっと長く楽しめる 「浦霞」 はやっぱり好きなタイプ、 「黄金澤」‥ これもたしかクセのない味わいだったような‥ そろそろ記憶がアヤしい。 あれ??


ササッと食べてササッと立ち去る、 という使い方をされる人が多いようです。 わたしたちはどっしり構えてガッツリ飲んでたけど。




仙台 かき鮮 海風土(うぶど)

住所: 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅3F
TEL: 022-212-2340
営業時間: 10:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日: 無休


みずから検索用 : 仙台 和食
  1. 2007/09/27(木) 23:00:00|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2007 山形 : 山寺 宝珠山立石寺

山寺について (iタウンページより抜粋)

山寺 (宝珠山立石寺) は860 (貞観ニ) 年 清和天皇の勅使により、 天台宗の僧、 慈覚大師円仁によって開基された霊場。 東北屈指の霊場として多くの信仰を集めている。 宝珠山全体を境内として、 麓の根本中堂から頂上の奥の院の如法堂まで 1015 段もの長い石段が続く。 途中には茶屋や石仏、 松尾芭蕉直筆の短冊を納めたせみ塚がある。 また、 山寺といえば松尾芭蕉の 「閑さや岩にしみ入る蝉の声」 の句が詠まれたことも有名。

最後の 「修行」、 しかも 結構な 「荒行」 です。
1,000段ですから。 山道ですから。 フィレンツェなんてこの序章に過ぎなかった。


yamagata

山寺駅前からのぞむ山寺。 あの山の右のくぼみの上まで登りますよ。


yamagata

駅前にある巨岩、 登山口に集う修行僧たち


yamagata

松尾芭蕉像と 「せみ塚」


yamagata

頂上からの絶景を目指し修行中。


yamagata

仁王門がようやく見えてきた。 右は阿弥陀如来に見えるとイイコトがあるという天然の岩肌。


yamagata

この山の岩質っていうんですか、 こういう風にチーズみたいに穴が開いているところが。


yamagata

頂上到着。 奥の院から見下ろす五大堂。 風がとっても爽やかです。


yamagata

五大堂からの絶景。 マニュアルフォーカスという技をおぼえたところ。


yamagata

今度は空。 もう夏の雲は最後かもしれない。


yamagata

ホントの修行僧はさらに奥まで行くそうです。 この釈迦堂なんて昔は欲に目がくらみ成功をつかもうというモチベーションで修行に来てここを目指して転落する人もいたのだそうで。


yamagata

登ってきた道のりを振り返る。 左はさっきのスタート地点の駅です。


yamagata

下山後の気分はこんな風。 もう膝はワラワラと爆笑、 ふくらはぎはパンパンです。

なかなか辛い修行をこなしたので ラ・フランス ソフトクリーム を。

  1. 2007/09/26(水) 10:00:00|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Traminer Aromatico 2006 Jermann

yamagata

Traminer Aromatico 2006 Jermann

Delle Venezie
Indicazione Geografica Tipica
Jermann

温泉持込ワイン。 ランチタイム駆け込みエノテカにて発見。

イタリアのゲヴェルツ。 イタリアも特にあの辺りが止まりません。 Friuli-Venezia Giulia。 ゲヴェルツらしい華やかな香りがふわーっと広がりスパイシーというか苦味というか ちょっと辛口の日本酒に似た風味もあり 濃い目の味わい。 好きなタイプ♪
  1. 2007/09/26(水) 08:00:00|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007 山形 : 銀山温泉

yamagata


二泊目のお宿は 銀山温泉 です。

大正ロマンのムードをそのまま残した仙境の温泉街。 「おしん」 の舞台になったところで 一説には 「千と千尋の神隠し」 のモデルになったという話も。 風情ありますねぇ。


yamagata


左: 川を眺めながら入れる足湯、 「和楽足湯(わらしゆ)」 は源泉をそのまま冷ましながら。 かみのやまも銀山もお湯の温度は高め。 お湯は透き通ってます。 銀山はちょっと硫黄の匂いがします。

中: 女将さんのジニーさんが有名な藤屋さん。 最近リノベーションしたらしく ずいぶん近代的です。 おもわずアタシまでカタカナだもん。 絵葉書で見る前の建物のほうが雰囲気あったのになぁ、 という感想‥。

右: 台車がやたらと停めてあります。 車両の進入が制限されているので 離れた駐車場から宿泊客の荷物を運び込むため。 なるほどねー。


写真で見る温泉街は割と小さくて その奥に広がっている白銀公園をしばし散策。

yamagata


「白銀の滝」 三脚持参で本格的なカメラで撮影する人が後をたちません。 ここばっかり。 ほぼここだけ。 小僧魂を刺激するんでしょうか? 銀山温泉街よりも? ほかの滝よりも? 謎だ‥。


yamagata


こちらは 「籟音滝(らいおんのたき)」 英語では Lion falls。 もちろんうそ。

水の流れがきれいな空気をつくっていて気持ちいい。 マイナスイオン効果でしょうか。

ただ、 地元の地図には 「湯上りの散策に」 とありましたが このコースはかなり脚も使うし かなり汗もかきました。 いわば軽めの 「修行」 です。 途中で蛇に遭遇しましたから。 「湯上り」 なんて軽い気持ちで挑むとやられます、 ゼッタイ。


yamagata


温泉街に戻って カフェでひとやすみ。 カレーパンとアイスコーヒー。
このカフェも大正風で趣味がよくて 気に入ってしまいました♪




軽く 「修行」 をこなしたところで今宵の宿。

仙峡の宿銀山荘

昨日の 「月の池」 がかなりこじんまりしていて静かだったのと対照的に大きな旅館ホテルです。 川を見下ろす斜面に建っていて 露天風呂はまさに川と緑が見下ろせて 開放感があって気持ちよいです。 特に寝湯が最高。 ここでまた一杯。 きゅーっ。

月の池ではお部屋でのお食事を次々と運んでもらうとき 「どうぞー!」 とかなり大きい声で言わないと、 という感じでしたが こちらは広間でのお食事、 しかも仲居さんたちも 「あらあら。 もう野菜入れないと!」 とかフレンドリーにチョコチョコまめに世話をしてくださいます。 女将さんも食事のときにあちこちをまわって明るく話してくれていたので やっぱり女将さんの個性なんでしょうか。

どちらも快適なんだけどほんとに対照的。 二泊を対照的な宿に泊まるのもいいですなぁ。 ナイスチョイス♪


お食事

やっぱり 「芋煮」 は必須なんですね。 一層の濃い味で本当におなか一杯でした。 よくよく振り返ると重いものは食べてないんだけどなぁ。 イモ類? 小鍋でしゃぶしゃぶする牛肉がまた柔らかくて脂までおいしいのです。 ここでもやっぱりお米がおいしかった。

yamagata


山主膳 (やませみぜん)

食前酒 : しそ酒
先付 : 松茸菊花合え すだち
前菜 : ふぐ煮こごり 焼き合鴨 あけび えびうま煮 きぬた巻き
造り : いとう 岩魚 鱒 妻一式
煮物 : 芋煮 牛肉 里芋 舞茸 葛
中皿 : 山形黒毛和牛しゃぶしゃぶ 生産者・山形市 蔵王ファーム
焼物 : 鮎塩焼き 山桃 はじかみ
揚物 : 葛菊花饅頭 わさび菜菜あん
酢物 : サーモン 海藻 胡麻ドレッシング
香物 : 青菜 さくべ大根 茄子
止椀 : 枝豆真丈 青み
水物 : メロン




そして夜また温泉街の散歩へ。

yamagata



デジイチが欲しい! ここに雪が積もったところも素敵なんでしょうねー。 今度は冬に来てみたいです。
  1. 2007/09/25(火) 12:00:34|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

2007 山形 : 手打ち大石田そば きよ

ガーリィでカワイイ かみのやま に別れを告げて北上。 天童、 山形を超えさらに北上。 大石田 という蕎麦のまちに立ち寄りました。 「南ソ連」 東北出張。

最上川。 この辺まで来るとかなり大きな河ですね。 ドォゥロ河っぽいですかね。 このまま今度は西にそれて 日本海側の酒田に注ぎ込むまで ゆったりゆったり流れていきます。 最上川下りとかね。 冬はコタツでね。 きゅきゅーっとね。

東北の緑ってどうしてこんなに色が濃いんでしょう。 東北新幹線をまず緑にしようと決めたデザイナーの気持ちがわかるような気がします。

yamagata

「蕎麦街道」 と言っても 蕎麦屋がずらっと並んでるわけでもなく、 駅からはかなり離れているようなので レンタサイクルで走りました。

最上川の沿道を爆走。

yamagata

蕎麦畑の間も爆走。 Fields of gold 向こう側で黄金に光っているのは田んぼ。 あのおいしいお米はこうしてできるんだなぁー。

yamagata


最上川を渡り爆走すること 約10分。

「手打ち大石田そば きよ」 に到着。
ここもやはり混んでいるときは並ぶ上に 売り切れ御免 らしいのですが すんなり入れました。 平日ブラボー。

yamagata

あまり見えないけど額の写真が先代の きよ さん。 このあたりでは蕎麦打ちは女性の仕事なんですって。 ほかは行けなかったけど このお店も あたかも田舎の親戚に呼ばれたような普通のお座敷です。 だって 「笑っていいとも」 だもん、 テレビが。 ほっこりゆったりまったり。

ビールと漬物で待つことしばし。 この 「そばの実ドラフト」、 実際に蕎麦の実が2、3粒入っていて いい香りがしておいしい。 爽快な 「もりそばに合う」 ビールです。 茄子を南蛮でピリカラに漬けた 「ぺちょら漬」 もおいしかった。


いよいよ蕎麦登場!

ここのは蕎麦粉 100% の十割蕎麦。 挽きが細かいのか チュルチュルと滑らかです。 緑を思わせるとってもいい香り♪ やっぱり蕎麦が好きだー。 個人的には つゆの味がもちっと濃くてもいいかな、 と思いましたが。 漬物や前日の芋煮や この辺の味と比べると つゆの味は薄め。 お蕎麦と漬物だけなのに かなり後までハラ持ちがよかったのは蕎麦粉のデンプン質が高いせいなのかもしれません。

yamagata

ツヤツヤのお蕎麦のアップ。

yamagata


いや、 モタモタしないでササっとたくってササっと立ち去るのが やっぱり蕎麦のおいしい食べ方でしょう。

軽車両も厳密には飲酒運転が適用されることはひとつ 「知りませんでした」 で許してもらう方向で。




手打ち大石田そば きよ  
住所 : 北村山郡大石田町大字横山736
TEL : 0237-35-4245 
休 : 木曜日
11:00~16:00 (土・日は売切れ次第終了)
  1. 2007/09/25(火) 09:00:38|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2007 山形 : かみのやま温泉

米沢から さらにちょっと北上して 一泊目は かみのやま温泉。

yamagata

町のあちこちに 「足湯」 があります。 ここは 「足湯カフェ」!!
ちょっと離れたところには 「足湯バー」 もあるのだそうで。
たまに足湯につかりながら浴衣でぶらぶら歩くのも楽しみのひとつ。 いいですねぇー。


yamagatayamagata

ここでのお宿は 花明りの宿 月の池

造形作家によるオブジェや季節の花が美しく 女性に人気というのもうなずける宿です。 全15室の静かなお宿。 笹の葉の形をしたかわいらしい露天風呂があって そこでは 『樽酒』 がいただけます。 いえいっ! 好きな四字語 = 「飲み放題」!! この露天では かーなーりっ ジョシトークに花が咲いてしまいました。 くくっ。


お食事

yamagata



花明り懐石膳

食前酒 : 巨峰酒
花明り前菜 : だだちゃ豆 秘伝流し、 あけび味噌焼、 鮎南蛮漬け、 松茸茶碗蒸し、 もってきく胡麻和え、 吹き寄せ流し物
お造り : 氷輪盛り
焼物 : 岩魚塩焼
煮物 : 名物芋煮 針みょうが
揚げ物 : 胡麻豆腐湯葉包
お凌ぎ : 蕎麦処たから亭 手打ちそば
強肴 : 山形牛縄文焼
お食事 : お茶漬け
お椀 : 赤だしなめこ
香の物 : あさ漬け
デザート : レアチーズ、 キャラメルケーキ、 手作りラフランスアイス


お花がイメージされる盛り付けがすべて美しい。 特に前菜は小鉢にいろいろ入っていてかわいらしい。 かわいいのに濃い口なところが素敵。 お刺身の鯉、 芋煮、 お蕎麦はこのあたりの郷土料理ですね。 山形牛は熱した石の上で焼いていただきました。 余計な脂が落ちてじゅわじゅわっと柔らかくて美味。 昼の米沢牛よりもかなり柔らかい肉質でした。 ここでもやっぱりお茶漬けで出てきたお米がおいしかった。
  1. 2007/09/25(火) 08:00:00|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007 山形 : 米沢 グルメ小僧 万吉

yonezawa

米沢グルメといえば Apple、 Beef、 Carp の ABC なんですって。


早速 牛肉をいただきます。

お店の名前がすごいけど 「グルメ小僧 万吉」

1F がお肉屋さんで 2F がレストラン。 わたしたちが行ったときは平日だったせいか ガラ空きでしたが 普通は待たされるらしく外にも椅子が並んでいます。 ラッキー♪

yonezawa


すき焼きに ご飯、 お味噌汁、 小鉢、 お造り、 デザートまでついた 「万吉御膳」 が 2,580円。 爆安。 お刺身までついてきちゃうなんて。

ここではすき焼きは野菜を先に入れるんですねぇ。 お店の人がやってくれた鍋に シラタキと肉が隣り合わせてるのを若干気にしつつ。

お肉は、 ふわーっと噛まなくてもやわらかい! みたいな柔らかさを期待していたものの 結構な噛みごたえ。 最初はちょっと期待はずれかしら、 と思ったものの 噛んでいるうちにじゅわじゅわーっとこれでもかと旨みが広がります。 やっぱりおいしい、 米沢牛。 一頭一頭育てた人がわかる 「登記票」 つき。 お米がおいしかった。 これは山形ではどこでもそうでした。


米沢牛と万吉の由来 (web から引用)

米沢牛の歴史はまだ日本人が四つ足の肉を食べ始める前の明治4年にさかのぼります。 (歴史上この年は廃藩置県の行われた年) この年上杉藩(米沢県)では英国と大変な条約を結び、藩校興譲館(現在は高校)に 横浜に居留中の貿易商、チャ―ルズ・ヘンリ―・ダラスと言う紳士を英国語教師として 招きました。

師は、この際コックの万吉と言う青年を連れて赴任いたしました。彼に牛肉料理を させたのが、米沢牛の始まりであります。明治8年任期を終えて、居留地横浜に 米沢牛1頭を持ち帰り、この美味はハイカラな街の外国人たちが世に知らしめてくれたのであります。

グルメ小僧「万吉」は、そのあふれるフロンティアスピリットと、 決しておごらない小僧さんのような愛想のよさを持つ、 この世で始めての米沢牛料理人の思想に思いを馳せて、命名いたしました。

はて、明治4年という時代、あなたはどう考えますか? 「…ざんぎり頭、…着物、帯…まだここは上杉藩である」 現在にも勝る激動の時代であったことでしょう。



グルメ小僧 万吉

住所: 山形県米沢市中央4-2-6
TEL: 0238-24-5455
営業時間: 11:30~14:00、17:00~21:30
定休日: 月曜(祝日の場合は翌日休)
  1. 2007/09/24(月) 20:00:00|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007 山形 : 米沢

yonezawa

山形新幹線 「つばさ」 グリーン車に揺られて米沢に到着。

第一印象 = 「カナダっぽーい」

湿度の低さと何もない感じと高い空が? ポルトガルじゃなかったのか。 ダメ人間。


yonezawa

最上川が 「最上川」 と呼ばれ始めるのがこのあたり、 まだこんなに細いです。
わたしたちもこの最上川に沿って北上する形になりますが 大石田あたりでは まさに 「大河」。


yonezawa

米沢と言えば 上杉家。 上杉謙信の像と上杉鷹山の像。

『為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』

この言葉を残した上杉鷹山を JFK が 「最も尊敬する日本人」 と評したのだとか。

兜に 「愛」 を冠した武将、 直江兼続を主役とした 2009 年の大河ドラマ 「天地人」 が決まったのがこの町では大ニュースらしく どこに行っても 「愛」。 秀吉にヘッドハントされるも自分の主君はただひとり、 と突っぱねたという、 戦国に 「愛」 を掲げて生き抜いた伝説の男なのだそうで。 タイトルの由来は 「天の時、 地の利、 人の和、 これが揃ってはじめて物が動く」 という上杉謙信の言葉。 そうですね、 何もしないのに文句だけ言ってもしょうがないけど どう頑張ってもしょうもないときもあるからね。 感慨深いですね、 上杉家。

米沢藩、 上杉家 ってとってもクリーンなイメージじゃないですか。 決して最大手ではなくとも 破綻の心配がない程度に栄えつつ 良識に照らし合わせてやましくもなく ワークライフバランスもよく。 政治家ならアノ人、 女優ならアノ人、 かなぁ。 わたしもこれくらいのポジショニングで人生設計したいものです。
  1. 2007/09/24(月) 19:00:00|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2007 夏 山形紀行

yamagata


遅めの夏休みをとって 山形に行ってきました。 「一生行かないだろうと思っている都道府県をひとつ制覇する」 シリーズ第一弾。

誰と話しても何を食べても 「山形らしさ」 を感じさせてくれる、 風土の原点を持ち続けている素晴らしい土地でした。

牛肉、 温泉、 そば、 温泉、 牛肉。 濃い味満喫。 温泉でワイン満喫。

のんびりするはずだったのに レンタサイクルで蕎麦街道を爆走し、 山道で蛇に遭遇し、 「トレッキング」 ばりの修行をおみまいし、 両膝は爆笑、 ふくらはぎ はパンパンです。


おいしいもの、 素晴らしい風景を順々に UP していきます。
  1. 2007/09/23(日) 17:27:32|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ronco Delle Betulle Ribolla Gialla

wine


Ronco Delle Betulle Ribolla Gialla 2004
DOC Colli Orientali Del Friuli

イタリアの北東に位置し、 オーストリアとスロベニアに隣接している フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(Friuli-Venezia Giulia)の白ワイン。 RIBOLLA GIALLA というのは土着品種の名前。 「Gialla」 は 「黄色」 から意味が来ているのだそうで それだけに とてもイエローが強い色調。


この日に Casa Vecchia で飲んで から 気に入ってしまったイタリアの白。 エチケットがチョウチョのキラキラでかわいいし フルーティーでグラマラスな味わいもかなり好きなタイプ。 ロンコ・デル・ベトゥレという生産者は当主をはじめスタッフが全員女性なんですって。

Vecchia の後 置いているワインショップを見つけて 2-3回買ってました。 こないだも1本買ったところ お店の人が言うこおは 「最後の1本、 どういう方が買うのかなー、 と思ってたんですよ!」 と。 あらら・・ 最後の1本だったんですか‥。 また入るかどうかは未定、 とのこと。 ヴィンテージが裏のシールにしか書いてないところを見ると生産量も多くないんでしょう。 (ボリュームがあれば毎年刷りなおすだろう、 という意味で)

ざんねーん。 となると なかなか抜栓できなくなりますね。

ウェブ も 大資本のシャトーやメゾンは別としてヨーロッパのワインメーカーにしてはかなりオシャレ。


またどこかで見つけたいと思います。
  1. 2007/09/17(月) 23:33:47|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

croissant

moon


月が 「月」 の字の形して アンテナに腰かけてる。

手ぶれすると 「朋」 になっちゃう。
  1. 2007/09/16(日) 20:55:34|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

旅の相談 :: 代々木上原 Brasserie Bec

代々木上原の駅前フレンチ。 来週の 「寝て起きてまた温泉」 ツアーの相談をしよう、 とここでお食事をしました。 振り返ってみたら 去年フランスに行く相談もここでしていたのでした。

前菜とメインの2品のコースが 2,980円。 リーズナブルです。 どさどさと出てくるパンは自家製でアツアツ。 これにバターじゃなくて白レバーのペーストが出てきます。 これだけでもワインが進みそう。

わたしのチョイスは 前菜に 「穴子のエスカベッシュ カレー風味 キュウリ添え」、 メインに フレンチだけどイタリアン な 「仔牛すね肉の煮込 オーソブーコ」。

まさかと思ったけど 前に行ったとき も 「穴子のエスカベッシュ」 をオーダーしてたんですね。 穴子ダイスキ。 関西だったらハモかもしれないけど 関東人としてはやっぱり穴子でしょうっ。

しかもこの日の 前々日には Moonbow、 前日には AMA とランチにカレー2連発だったのに まさかの 「カレー風味」、 3日目。 どんだけ~ カレーに毒されてるんだっ。

オーソブーコはお皿いっぱいにたっぷり。 お腹いっぱいで食べきれないくらいでした。 パンはドサドサ出てくるしお料理はドカンとたくさん。 外人ウケしそう。


ワイン記録

yoyogi yoyogi

Bourguil 2002 Le Coudray la Lande Vieilles Vignes

100% Cabernet Franc。 シルクのように柔らかいタッチは一瞬ブルゴーニュっぽい。 カベルネフランのシパシパする細かいタンニンの感じが若いものは たまに気になってしまうのですが これはそんなこともなくとても柔らかい感触でした。


Chateau Cantegril 2003 Sauternes Denis Dubourdieu Domaine

ボルドー大で教えてもいる 「ドゥニ・デュブルデュー」 氏のつくるソーテルヌ。 なんとなく物足りなくてシメに頼んでしまったデザートワイン。 「デザート」 より 「デザートワイン」 なのが梅沢劇団流?


前に伺ったときはいらっしゃらなかったのか 気づかなかったのか お休みだったのかわかりませんが サービスの方の印象がだいぶ違いました。 キビキビとフレンドリーでいろいろ (ほどよく) 構ってくださるので 楽しくお食事できました。 ワインを選ぶときも 「えっと・・ まだしゃべり終わってないんですけど・・」 という間に あれこれとオススメワインを持ってきてくれるので 会話までもがすごく楽しかったです。

あたかもほんとにパリの下町のビストロにいるみたいな気分。 インテリアもポスターや小物がフレンチで 手の込んだ間接照明とかでもなく ストレートにオモチャっぽいシャンデリア (失礼) なのも パリっぽい。 前はこんなに遠慮しなくて済む、 なじむ印象は持って帰らなかったけどなぁ。


Brasserie Bec ブラッスリー・ベック
住所 : 東京都渋谷区西原3-5-3
TEL : 03-3468-8773
定休 : 月曜
平日 12:30 - 14:30, 18:00 - 22:00 / 日祝 : 12:30 - 14:30, 18:00 - 24:00


みずから検索用 : 代々木上原 フレンチ
  1. 2007/09/15(土) 20:20:42|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落日を拾いに行かむ海の果

遅まきながら 「夏休み」 を取得しようかと計画を始めました。

なんせ暑いのに本当に体質的に弱いので 夏に活動的に 「リゾート!」 とか 「海!」 とか 行く気すら起きないのです。 せいぜい 「高原!」 かな。 でもやっぱり これから涼しくなることを想像したら やっぱり軽くどっか行きたくなりました。

今年は春にイタリアに行ったから 「気が済んでいる」 ようなところがありますので (しかもその後数ヶ月も旅行記を書き続けてたくらいなので)、 本当に 「軽く」、 国内でのんびりまったり夏の疲れを癒そうかと。 温泉はいってゴハン食べてまた温泉、 寝て起きて温泉入って本読んでまた温泉、 そして酒を飲む、 きゅーっ、 みたいな時間を過ごしたい。

せっかくなので 「一生行かないだろうと思っている都道府県をひとつ制覇する」 というテーマを掲げ、 その 「北から数えて 第1位」 に行くことにしました。

奇しくもそう決めたころに 某北海道のカブ番組で 「東日本縦断ラリー」 なんてやっていて その 「裏」 加減、 「地味」 加減にひどく惹かれてしまいました。

「日本海に沈む夕陽」 なんて想像したら 「もしやここって日本のポルトガル?」 と妄想が止まらなくなり 地図を眺めては大きな河が海に注ぎ込むところの地形なんてもうリスボンにしか見えません。 「たいていの河口ってこんな風だろ?」 とかせせら笑われております。 落日を拾いに行かむ海の果。 ワインは 「Dao」 で間違いなし。

あいにく温泉目当てで日本海までは行かないことになったのですが。

「米沢牛」 と 「大石田蕎麦」 に関する情報、 お待ちしております。
  1. 2007/09/14(金) 00:22:07|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

New York, September 2000

ny


World Trade Center。 シアトル在住時に NY に旅行に出たときに撮影したものです。

アメリカの銀行が日本と違ってみんなが 「地銀」 みたいなもんだということを知らず、 ここのガードマンに 「バンカメないわけー?」 と聞いたら 「どっから来たんだ? あぁ? シアトル?? このイナカモンめがっ!」 みたいな扱いを受けたわけで。 NY 特有のキツめのジョークの洗礼を受けたわけで。 イナカモン呼ばわりされ 思わず口調までもが黒板純なわけで。

泣きながら公衆電話に駆け込みシアトルの Bank of America の担当者に電話したら 優しいシアトルの銀行員が 「アメリカの銀行っていうのはねー、 地方ごとに違うんだよー、 Chase かなんかで高い手数料払えばあなたの口座からもお金おろせるわよー」 と教えてくれました。 CNN ばりのクリア口調にて。

ひとつ学びましたね。


ny


NY というところは物価が高く (とはいえ東京並かも) ストリートの物乞いすらも シアトルでは 「Quarter please」 なのに NY では 「2 dollar please」 と言ってる人がいてドギモ抜かされました。 なぜ 2ドル‥。 8倍‥。

いつもそうだけど 弱気なんだか強気なんだか、 そのとき持っていた現金が確か 1.70 ドルくらいで NY の物価ではスープも飲めず ここの中庭でひたすらベーグルをかじっていたのでした。

ny


東京 (圏) 育ちとしては認めたくないものの 都会の NY から 西海岸ののんびりした SF に移ってきて ホームと感じた感覚を覚えています。

わたしの記録に間違いがなければ NY から SF への移動は 2000年の9月11日。

もしもあのとき、 アメリカ行きを1年遅らせていたら、 と思うと・・。

それ以来 思い立ったことは先延ばしにしないほうがツキがめぐってくるように生まれついているのがわたしの宿命なんじゃないかと思うようにしてます。 Keep going forward. だから多少迷っても前に進むのだ。

あのときのキツめのガードマンもどうしてるんだろう。
  1. 2007/09/11(火) 00:31:42|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「SIDEWAYS」 ワインマッチング

アリーさん とこで見つけた 映画 「SIDEWAYS」 の 「ワインマッチング」

「4つの質問からあなたの性格を診断し、あなたにあったオススメのワイン銘柄を紹介します」 というもの。


やってみました。 わたしは 「マヤタイプ」 オススメはカベルネ

-----
とても思慮深く、周りからの信頼も厚いことでしょう。少し真面目すぎる面もあるかもしれませんが、ワインでリラックスして異性を口説けば相手もメロメロでしょう。
-----

とのこと。 うーん、 どうなんでしょう。


この映画はわたしもダイスキ。 登場人物が誰しも完璧じゃないところがリアルなタッチで好き、 とどこかで書いたような気もします。 久しぶりに見たくなったなぁ。
  1. 2007/09/04(火) 23:09:39|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

モン吉、 一度枯れて復活

今年の夏は本当に暑かった。 暑さにはメッポウ弱いので ぐだぐだとバテまくり それでも飲みまくりな夏でした。 ゴアさんによると これから毎年拍車がかかるんでしょうか、 それとも今年は気まぐれラニーニャのせい?

シャルドネ・モンちゃんをたまたま室外機の風が当たるところにしばらく置いておいたら・・


ほとんどの葉が枯れてしまいました!


前の住まいでもやっぱり長野にブドウを植えに行ったときにいただいた ショウコウシ という品種を栽培してたのですが 同じく夏の室外機にやられて全滅してしまったことがありました・・。 あのときは 室外機から避難させることもできずに本当にそれっきりで終わってしまったのでしが。

都会のベランダでシャルドネを栽培している方へ
エアコンの室外機の風はゼッタイ禁物ですよ!!


しかし。 ブドウの生命力は恐ろしく、 今度は室外機から離しておいたらムクムクと復活。 一度は枯れても復活だなんて梨花みたいだわ。


mon

これは 8/15 に撮影した 復活の兆し。 まだ葉が枯れ落ちてしまった枝が痛々しい。


mon

9/1 時点では もう青々した健康な葉がたくさん。


mon

かわいそうなので仕立を変えてあげました。

本当はこういう作業は秋冬とかにやるのがいいのでしょうが ちょっと涼しくなったので。 教本によると 3年目くらいから実をならすことも、 とあるけど うちのコは2歳でまだまだこんなヒヨッコ。 来年 実をつけることなんてまずムリでしょう。


2006年7月
芽を出してきたところ1
芽を出してきたところ2

2006年8月
台風を乗り越えたところ

2007年4月
2年目の春
  1. 2007/09/03(月) 23:07:04|
  2. シャルドネ栽培日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進化中! :: 中目黒 cerchio

久しぶりに 中目黒 チェルキオ に行きました。 ものすごーく久しぶり。 1ヶ月くらい‥。 >> 過去の訪問
なんかだんだんお店がライブで雑多で、 あたかも呼吸しているような生きてる感じになってきましたよ?


cerchio


cerchio cerchio cerchio cerchio cerchio

「天草大王のレバーのクロスティーニ、 オムレツ」、 さっき目の前でゆでられていた 「ブロッコリーとアンチョビのパスタ」、 ピンク色がかわいい 「ビーツのニョッキ」、 目黒と言えば 「秋刀魚のコンフィ」、 これを出さないと暴れる 「天草大王のソテー」。

cerchio cerchio cerchio

CAMPOREALE: シチリアの白。 土着品種だろう、 ということ。 セミヨンみたいなネットリ感がありジューシーでした。 吟醸香に似た香りも。 夏の終わりにはいい感じ。

Nebbiolo d'Alba 2003
VILLA MAGNA: サンジョヴェーゼの IGT。


cerchio


こんなサインまでできて 確実に進化し続けてますね!


この日はたまたま このあと 「薔薇の会」 をしのぐ 「胡蝶蘭の会(勝手な仮称)」 の貸切があったので 10pm ハードストップ。 ええーん。 それでもこれだけお腹いっぱいにしてもらい 1人 4,000円の破格プライス。 ありがとうございました。




cerchio (チェルキオ)
東京都目黒区中目黒 3-6-2 1F
TEL : 03-3760-0808



  1. 2007/09/01(土) 22:50:30|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ