FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

ココロマチ

まさよし久々の new album。 カバーアルバム2本立て♪♪ もちろん発売日にゲット。

COVER ALL-YO!
COVER ALL-YO!山崎まさよし


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


COVER ALL-HO!
COVER ALL-HO!山崎まさよし


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ライブでおなじみの曲やら新鮮な曲やら いろんなカバーを披露していて いずれもまさやんテイストがフルフルで、 むー、 疲れが吹っ飛ぶわ。 「はじめてのチュウ」 は入ってないのかー、 あれもカワイイんだけどなぁ。

「さらば恋人」。 曲そのものも好きですねー。 マチャアキ離婚のときはやっぱりテーブルの上にさよならと書いた手紙置いてきたのかなぁ、 と思ったくらいで。 次長課長の河本準一がタンバリンで参加してるのもよし。 この人も好きー。 いまだ 「タンメンの人」 とか呼んでますけど。

料理人に扮してるジャケットもカワイイ。 「YO!」 のほう、 シモキタのトロカデロっぽいわ、 と思っていたらクレジット見たらやっぱりあそこで撮影したようです。 えー、 来てたのねー。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/31(水) 22:23:45|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Halloween Weekend

Halloween weekend はクロネコ (ヤマト) に扮装して六本木に参戦いたしました。 洋の東西を問わず季節モノって大好き。 一時期は住むように過ごしていた六本木も最近はややご無沙汰‥。 クラブのパーティーに行く前に友達の家で Pre-party と称して盛り上がり、 そこでいろんな友達とも 「久しぶり!」 の挨拶ばっかりになってしまいました。

Pre-party のあと、 移動の途中で立ち寄ったピザ。

roppongi

これが2ピース分。 1ピースは 300円とかそんな調子のプライシング。 あたかも学校の部活の後に寄り道して 「買い食い」 する感覚みたい。 「踊り省のクラブ活動」 も意外とお腹空くのでね。 合間に寄ってみよう。


で、 その後は渋谷にまで流れてクラブ活動に明け暮れ午前3時まで。

台風一過の深夜の空気が冷たく澄んでいて気持ちよくて、 てくてく散歩して帰ってきてしまいました。 パーティーの途中でブラジリアンの友達に 「これじゃ足りない」 とメイクを描き足してもらって 「carnaval 仕様」 になってたこともついつい忘れて‥。 お腹が空いて立ち寄ったコンビニの店員さんはさぞかしビックリしただろうなぁ。 ほんとにそのときはすごいメイクだったので。
  1. 2007/10/28(日) 23:47:11|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の総会 :: 元麻布 Bon Pinard

愛すべきオトコマエな女たちの集団、 「梅沢劇団」 の秋の大集会 兼 Vani 嬢のバースデーパーティー。 ほんとはバースデーの部分は 「サプライズ」 のはずだったのにぃ‥ ブツブツ。 (オトコマエだもん、 もちろん怒ってないよ!)

元麻布にある20席しかないこじんまりとしたフレンチ、 Bon Pinard (ボンピナール)。 厨房に立つのが奥様でご主人がソムリエを務める、 フレンチにはちょっと変わったお店。

ダンナさんのソムリエ、 進藤氏は 「落ち着いたクリペプ」 といった雰囲気 (!!) ブルゴーニュで修行までなさっていたんですって。 その後 六本木ヒルズの「ラトリエ ドゥ ジョエル ロブション」でチーフソムリエを務め、 奥様とめでたく開店、 と。 なんて素敵。

こげ茶と赤がシックなインテリア。 入り口が 「たたき」 みたいになっているのはかつては和食のお店だったんでしょうか? 一瞬うっかり靴脱ぎそうだった、 ご用心。


お料理はコースで。 「キライなものだけあらかじめ教えてください」 と、 それ以外は何が出るかは行ってみてのお楽しみ♪

前菜: 関アジ、 ホタテ等々の魚介と野菜のコンビネーション
魚: スズキのポワレとアナゴのフリット。 クリームベースのソースに絡まって下に敷かれていたのは白菜? キャベツだった気がしたのだけど。 うぅむ。 野菜の甘みがおいしい。
肉: ウズラのロースト。 栗と米が詰めてあって旨みを吸収してます。 ソースが照り焼風味。 これもちょっと甘み優勢。
デセール: バジルのアイスとマンゴーのムース

キャベツ(白菜なの?) といい お米のスタッフといい、 どこか家庭料理を思わせるような親しみやすい優しさのあるお料理でした。 最後のバジルのアイスはビックリ! 爽やかで、 それでいてミントともまた違う味わい。 はじめて。


azabu

前述 のとおり うまく撮影できた写真がこれくらいしかなくて‥。


ワインメモ

ソムリエさんの名前が表紙にうたわれているワインリストはすべてフランスワイン。 各地方からまんべんなく揃ってます。 店名は 「安くて美味しいワイン」 という意味だけあって良心的プライシング。

Champagne Brut Reserve Ecuel Premier Cru M.Maillart 1996
シャンパーニュだけでも2ページ?3ページ? も割いている読み応えのあるワインリストからチョイスしたのがこちら。 ちょっと重めの熟成香があるようなのが好きなんですけども、 とお願いしたら出てきたのがこちら。 シェリー香と黄金の輝き。 秋冬にはこういうのがいいですねぇ。

Sancerre..
ここでサンセールを飲んでるはずなんだけどな。 記録も記憶もあいまいで・・。 相変わらずソーヴィニョンは好きなタイプ。

SANTENAY Champs Claude Vieilles Vignes 1999 Lucien MUZARD ET FILS
サントネイはブルゴーニュの南部、 コート・ド・ボーヌのなかなかお得な村。 まだもう1本行くだろう、 と思って重すぎない(値段的にも) だけど土くさい感じのピノノワールを、 と聞いてみたら薦められたのがこちら。 ちょっと煮詰めたベリー系の甘みとイチジクのような香り。 やや熟成も感じさせつつでもまだ若い軽やかさが。 複雑ではなく親しみやすい感じ。

Chateau Clerc Milon 1994
「そろそろ踊るか?」 とクレールミロン。 前のブルゴーニュが優しくチャーミングだったので 余計にカベルネらしさが味わえました。 杉、ミントの典型的なスッキリ感が心地よいのです。


店名のとおりワインのセレクションが素晴らしく (あまりマニアックなとこまでわからないけど) 価格設定が良心的です。 この界隈ではいくら取っても誰も怒らないだろう王道系がお安いところにニクい心意気を感じます。

でも お魚がクリーム系なら白はもちっと重めでもよかったかなぁ、 とか お肉のソースが甘めならシャトーヌフとかローヌ系に走ってもよかったかなぁ、 とか、 お料理とのコンビネーションがまだ 「ベータ版」 かも。 あるいはマリアージュとも言う。 こちらはコースでオーダーしていて次に何が出てくるか楽しみに知らずにいたので ちょっとすれ違い感が残りました。 お料理が出てくるのも割とゆっくりなので。 とはいえ、 クオリティとコストパフォーマンスは素晴らしいのですけどね。

ぜひまた行きたいお店です。 あまり飲まない人、 または何も構わず飲みまくる人と行ってもつまらないだろうな、 と思う典型的なお店。


ボン・ピナール(Bon Pinard)
TEL : 03-5856-4151
住所 : 港区元麻布2-1-21 元麻布YSビル B1F
営業時間 : [火~金・日] 18:00~24:00(L.O) [土] 12:00~13:00(L.O) 18:00~24:00(L.O)
定休日 : 月曜日


みずから検索用 : 麻布 広尾 六本木 フレンチ
  1. 2007/10/26(金) 23:28:40|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

モバイル生活

こんな新しいガジェットを手に入れましてね。

ここ数日かなりハマっているわけです。 まだまだ使いこなしてないけど 昼のシゴトのスケジュールがすぐにチェックできるところなど、 なかなか便利そうです。

カメラも200万画素と結構そこそこなスペックのがついていて画面も大きめだし。 使い勝手を検証すべく先週お邪魔したレストランでもガチャガチャパシパシやってたら そこのソムリエさんも 「週末に買いに行こう」 と買う気マンマンになってしまいましたよ? 広告塔?

いちおう飲んだものの記録をとっておきたい、 という程度のニーズではありますが、 やっぱりレストランで撮るのって照明がイマイチなんだよなー。 フラッシュ炊くと光りすぎるし お食事の席で無粋な気もしてしまうし、 かと言ってフラッシュがないと 写らなかったりするわけで。

この端末の場合 どれくらいがちょうどいいのか、もう少し検証が必要。


奇しくもプライベートの携帯も買い換えたばっかりでして、 こっちは普通の FOMA なんですけども。 最近の携帯は外部メモリとして MicroSD を採用していることが多いようですが わたしの端末だけなのか、 電池を外さないと入れ替えができないようになってるのが どうも使い勝手が悪い。

撮った写真をいちいちメールで送らなくてもいいように SD を使うんだとわたしは思っていて そうすると意外と頻繁に出し入れしたい。 なのにいちいち電池のフタを開けてリブートすることになるのは面倒。 SD にコピーした後、 取り出すのにまた電池開けなくちゃいけないでしょ。

というか‥ メーカー側の意図と違う使い方してるのかなぁ。


前置きが長くなりすぎたのでレストランの話は別立てで。
  1. 2007/10/25(木) 23:45:41|
  2. トレンド観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウィークエンドをともにする彼

季節の変わり目に体調を崩しやすいので 春と秋に最低1回づつは 「ゼッタイ予定を入れない週末」 というのが欲しいです。 ここ2週間くらい、 まさに 「季節の変わり目症候群」 (仮称) で ずっと眠いしなんとなくむくみが抜けないし疲れもたまるし その他モロモロ、 あまり体調がよろしくなかったのですが 何もしない週末で リフレッシュ&デトックス完了。 秋モード。

わたしの場合 どうも自律神経が弱い体質みたいで、 でも ヨガの先生曰く、 そういう 「体質」 というものは いますぐどうこうしようと思わずに とりあえず自分で知って付き合っていくことが大切なんですと。

というわけで 秋晴れなこの週末、 出かけたい欲求を抑えてヒキコモリ生活。 「軽めの大掃除」 (中掃除とかいう?) と 「衣替え」 と 「アイロンかけ」 と 「靴磨き」 、 合間にチキンを煮込み、 そして大泉洋。 でも土曜も日曜もヨガだけは出かけるんだな。 合間にやっぱり大泉洋。

スゴ録の調教が順調で かなりワタシゴノミな番組を勝手に拾ってくるようになりました。 中でもここ数ヶ月、 ずっと追いかけているのは 「大泉洋」。 今週の大泉さん、 ドラマが始まったので かなりの露出過多。 なまら出ずっぱり。 食わず嫌いも見たし 中島美嘉とトークしてたのも見たし、 いいとももちらりと。 ヒキ週末だけあって かなりずっと一緒な大泉さん。

短パンで北極圏に挑む男。 地図が読めない男。 苗から料理をつくるシェフ。 山崎まさよしくんに代表される 「8割方ヌケてるのに残りの2割にキラリと光るものが、 (またはその逆)」 に当てはまる気もするし、 第一 「天然パーマ」 はじめ共通項もある気がしなくもないし。 もしや好きなタイプなのか? すごいマイニング技術だ、 と納得しかかってしまいましたが 2局にまたがり週に2回も毎週録画してる 「水曜どうでしょう」 のせいでしょう。 別に 「天然パーマ」 はパラメータに持たないだろうし。

  1. 2007/10/22(月) 23:21:13|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

葉山マリーナで豪勢BBQ

葉山マリーナに戻ってきてその続き。

hayama

遠くに見えるのは江ノ島。 オレの家も近い♪ 砂交じりの茅ヶ崎。
もっと冬になってお天気がいいと富士山ものぞめるのだそうです。

hayamahayama

裕次郎灯台 と 揚がってきたばっかりのカツオ。 おなかすいたー。 BBQ、 そろそろ始めましょうよ。


hayama

葉山牛!! 焼き加減がレア気味で絶品。 アブラまでおいしい。

hayamahayama

サザエ、 ハマグリ、 ホタテ と海鮮も豊富。 食べ物も飲み物も豊富すぎてトウモロコシや最後のヤキソバまでたどり着けず‥。


hayamahayama

このコは食べません!

なぜか出てきた去年のボジョレ。 Village クラスなのと生産者がよいので いまでもまだ楽しめました。 フレッシュな魅力はないものの 今でも美しい南野陽子。


hayama

まさに Downward-Facing dog


午後の1時くらいからBBQを始めて夕方までマリーナで飲み、 その後移動して結局恵比寿で夜中の1時まで飲み続けてしまいました。 結局12時間マラソン。 その間に これから行く、 と電話しておきながら行けなかったトコロの方、 本当にスミマセンでした。
  1. 2007/10/14(日) 22:51:59|
  2. 料理天国・ホムパ記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

葉山でヨットクルージング

♪うーみよー オレの海よー♪

いまだ昭和を引きずりながら 葉山でヨット遊びとしゃれこんでみました。
太陽族、 と言いつつ 歌ってるのは加山雄三なんですな。

hayamahayama

左: 「鐙摺」 は 「あぶずり」 と読みます。 「え? ヨロイズリ??」 とかしゃべっていたら隣に座った地元のおじ様が教えてくださいました。 ちなみに 「チョコレート?」 は ヨロイヅカのまつがい。

右: やっぱり三浦半島まで来ると気候も暖かいんですね。 地植えのハイビスカス。


hayamahayama

海猿 ならぬ 「海犬」。 一緒にヨットに乗り込みます!!


hayama

マリーナの外に出て初めて帆を広げていいんですって。 だから港内はモーターで進む、と。 モーターを使わなければ船舶免許は要らないんですって。 自転車と原付の違いみたいなもんです、 と解説。 ふむ。 だからヨットの場合はその港内航行のために免許が必要なわけですね?

海の遊びは朝早いのが玉に瑕‥。 朝到着したときの葉山マリーナはまだちょっと曇りぎみでしたが そんな話をしながら海に出るころには空もだんだん晴れてきました。 週末に思いっきり時間を使うのも優雅な気分です。


hayamahayama

ウィンドサーフィンの大会が開催中。 結構なスピードで 「シャーッ」 と進むのは気持ちよさそう。 地元の学校の 「ヨット部」 が練習中。 結構みんな若いのにすごい。 ヨットって完全に物理ですね。

hayama

遠くに見える鎌倉あたりの地層は結構な石灰質じゃなかろうかとお見受けいたします? 関東ローム層は赤土ですからねぇ。 今度は地学ですか。


hayama

hayama

ヨットが傾くのに合わせて左右に移動したり 足を投げ出したり、 風に身をまかせながら秋の海を満喫。

「どう見てもインドア派」 のSくんも一応男子だから、 ということで駆り出されてロープを引いたり巻いたり、 と よちよち 「海の男」 気取ってるのがおかしかった。 そんなへっぴり腰では到底 「世界」 は釣れないぞっ!!
  1. 2007/10/13(土) 22:25:23|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麻生銘柄

ようやく読み始めました、 「神の雫」。 面白い!!

わざわざ Chateau Mont-Perat つきで貸してくださった ドイツのMさん、 ありがとうございます。

montperat


あんなに何でもデキャンタージュで解決できるのか? とか その割にはデキャンタの形状について言及がない、 だとか 細かいこと言い出すとまたうるさい性質ではありますが‥ 面白い。

まだ3巻くらいだけど このイキオイではドンドコ読んでしまうでしょう。
あんなに高いワインばっかり飲んでていいなぁ、 うらやましい。

ワインの漫画もいろいろあるらしいので、 この際 「マン喫デビュー」 しちゃって麻生銘柄に投資、 とか。


その麻生に目覚めた 先日の house warm でいただいたワイン

Champagne Nicolas Feuillatte NV
RIESLING Dr.Hans VonMuller 2005
CHABLIS Philippe d'Argenval 2006
Chateau Mont-Perat Bordeaux Blanc 2005
BOURGOGNE CHARDONNAY MONGEARD-MUGNERET 2005

Chateau Mont-Perat Premieres Cotes De Bordeaux 2004
VERUS ROSSO TOSCANO 2001
Chateau Croizet-Bages 2002
LES ALLEES DE CANTEMERLE 2002
CHATEAU MOULIN HAUT-LAROQUE 1996
Bourgogne Rouge LEROY 1999
Chateau Giscours xxxx

Joh.Jos.Prum Auslese 1999
菊姫 鶴乃里


お招きありがとうございました。

みなさま、 ごちそうさまでした。 いずれも美味でございました。

特に黒いほど色素が濃くて味わいも深い Super Tuscan、 とてもおいしゅうございました。
  1. 2007/10/08(月) 23:10:47|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10周年 :: 京橋 BRICKS

ぬわーんと。 ワインスクールに最初に通い始めてちょうど 10周年 ですって。 まさに光陰矢のごとし。

で、 「10周年のワイン会」 というのにお呼ばれされて いそいそ出かけてきましたよ。 はたと気づいたことに わたし、 この方々と10年前は同じクラスを取ってたわけじゃないんでした。 何年か前から ワイン会に誘っていただくようになり、 親しくお付き合いさせてもらい、 いつのまにか クラスメイト♪気取りだったわけです。 あちゃー。 アル中ハイマー。

でも わたしの記憶が確かならば (それが危ないんだってば) ポルトガルに行ったのが97年の夏、 帰りの飛行機で隣に座ったイギリス人の獣医さんに 「ワインは面白いねっ!」 と力説し ほとんどそのイキオイで 「ワインっ!!」 と青山の扉をたたいたはず。 だから10周年には10周年なのです。

kyobashi

この日の会場は 京橋 BRICKS。 鉄板焼きをカジュアルに、 というコンセプトのお店。 カウンターがあって 高いテーブル席がいくつか。 テーブル席は半分オープンエアになっていて 見上げたところの首都高を Brooklyn Bridge だと思い込めば ニューヨークっぽくなくもない。 素晴らしい妄想力。


kyobashi

魚介や野菜にも相当こだわっていて 「白エビ」、 それから 「レバーのパテ」 (左上) はスパイスが利かせてあっておいしい。 「浅野農園こだわり野菜盛り合わせ」 (右上) は野菜の甘みがおいしい & アンデスの塩、 満喫。 ハマグリの炊き加減といい、 すべてサジ加減がちょうどよくておいしゅうございました。 右下は10月生まれの方がいらしたのでバースデーケーキ。


kyobashi

この日のワイン

1. Saint-Veran 2001 Domaine Leroy
2. Chassagne-Montrachet 2003 Premier Cru "Morgeot" Domaine Ramone
3. Nuits-Saint-Georges 1er Cru 1997 Domaine Prieure Roch
4. Savigny-les-Beaune "Aux Grands Liards" 2002 Simon Bize & Fils
5. Corton 1970 Antonin Rodet
6. Les Fiefs de Lagrange Saint-Julien 1992
7. Chateau Montrose Saint-Estephe 1999
8. Chateau du Tertre Margaux 1984

O氏お得意の 「ブラインド」 で出された 2 の Chassagne Montrachet。 樽香と力強さからムルソー?と思ったものの すらっとした酸の 「明るさ」 というのが ムルソーにないキャラクターで違和感が捨てきれず、 なんでしょう? と降参。 Montrachet 系の中でも Chassagne はこういう力強さと甘みを持っているんですって。 ふーん。 もっと繊細なイメージでしたが。 まだまだですね。

次になぜかまたブラインドシリーズで 5 の Corton が出てくるころには 半ばデキ上がっていて 純粋なデギュスタシオンじゃなくて 「プロファイリングスキル」 で 「97年をお持ちになったに違いない、 だとしたら Merlot かもねー」 とトンでもないコメントを放ったところ 70年のブルゴーニュ。 ダメ人間。 先入観はよくないです。

わたしの持ち寄りは Montrose 1999。

毎回思うことですが よくもこううまく重ならずに持ち寄るもんですね。

この先の10年も よろしくお願いします。




京橋 BRICKS (キョウバシ・ブリックス)
中央区京橋 3-4-1 TM銀座ビル 1F
03-5647-6800
休 : 日曜・祝日


みずから検索用 : 京橋 銀座 フレンチ
  1. 2007/10/07(日) 23:50:59|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

西新宿 LA BETTOLA per tutti

西新宿でランチ with ワイン1杯。 オフィス街・西新宿の割には OL ランチじゃなくて美術館帰りみたいなマダムのランチ社交場となってました。

「予約の取れない」 が枕詞の 「ラ・ベットラ ダ オチアイ」 初ののれん分けのお店、 だそうです。 二号店ではないのね。 ベットラブランド、 キティちゃんばりの大放出です。 気前いいんですね。

関係ないけどオチアイ氏は人相的に典型的な 「顔で得するタイプ」 だと思います。 イイ人そうに見えるがために傾聴させるところで得をしているハタツトムを代表選手とする一派。 この点での対抗勢力はオザワ選手、 顔の割には実は思想はマイルドだと思うんだけどな、 オザワさんは。 いや、 やっぱり関係ないや。 素敵なゴハンをつくるオチアイ氏は本当にいい人なんでしょう。 そうであってください。


スープ・サラダ・パスタの 「Aコース」 が 998円。 やっぱり気前がいいらしい。

「ローマ風スープ」 はジャガイモ、豆の具だくさんで結構なボリューム。
「フォカッチャ」、 なんでこんなにモチモチでフワフワなのー、 しかもズッシリと重量系。
パスタは2つある中から 「鮭とフレッシュトマトのクリームソース」 をチョイス。

パスタが来るころには 全般的にバターが多いことに気づき始め、 口当たりの柔らかさは次第に胃に感じる重さに変わりました。 そう気づいたらフォカッチャの 「モチモチ」 もバターが重く感じられました。 わたしの好みの 「濃い口」 は 「アブラ」 じゃなくてあくまで 「塩」 なので。 ちょっとしつこいかなぁ。

あくまで個人の嗜好ではありますが。 こじんまりに見えて結構なハイカロリーじゃなかろうかと。

淑女の皆さん、 ご用心ですよ。

LA BETTOLA per tutti
ラ・ベットラ ペルトゥッティ 


住所 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル B1F
電話 03-3342-3699
営業時間 11:30~21:30
定休日 無休


みずから検索用 : 新宿 イタリアン
  1. 2007/10/06(土) 20:54:31|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青柚子

yuzu

実家の庭でなったのよ、 という頂き物。
こんなのが実家で取れるなんて いいなー。

やっぱりこの季節、 焼きサンマですかね。 最近サンマばっかり食べてる。
ポン酢風にドレッシングつくってもおいしいかもしれません、 貝もおいしいので。

とりあえず・・ 冷蔵庫にあるもので鮭を軽くマリネしてチャーハンにしてみたらおいしゅうございました。
  1. 2007/10/05(金) 23:00:00|
  2. 料理天国・ホムパ記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グルメバーガー :: 代々木 ARMS

休日のランチ。 最近よく評判を聞く 「グルメバーガー屋」 さんに行ってみました。

代々木公園の西側にあって 「代々木小公園」 というのはいったい? と思ってたけど 代々木公園は 「都立」 で 代々木小公園は 「区立」 なのね。 1円にもならないマメチシキ。 こういう、 都会にポッカリ空いたエアポケットみたいなスペースってかなり好き。

その代々木小公園に面した カフェ、 violette の隣にある ARMS。 はて? 前からあったような気がしますが‥ violette には何度も来てるけど‥ なんで最近になって急にあちこちから評判が耳に入るんだろう??

ともかく。 わんこが激しく出入りするアメリカンカントリー調の店内に座りオーダーしたのはチーズバーガー。


顎関節症要注意。 ものすごい高さ。 肉汁がジュルジュル‥ というわけでもなく 割とドライ。 ウェルダンな焼き加減が香ばしく ひき肉の粗挽き感のかみごたえとペッパーがナイスコンビ、 お肉は好きなタイプです。 ベリーアメリカーンなテイスト、 チェダーチーズが濃厚でトロトロ。 おいしい。 マヨネーズのやわらかいタマゴっぽさもあって アメリカの家庭で週末にバーベキューしながらワイワイ食べるハンバーガーっぽい味わいです。 各自 「手巻き寿司方式」 で。

お天気がよくて わんこOKな雰囲気のせいか なんとなーく

「犬の好きな味ってこんな風?」

犬に交じって食事している錯覚を起こしました。 シアトルの愛犬は元気だろうか‥。 バンズの評判がいいみたいだけど わたしにはちょっと甘すぎる印象でした。 粗挽き肉には ふわふわバンズよりもっと雑な食感でもいいくらい、 が個人的な好み。 谷原章介じゃなくて坂口憲二くらいでお願いします。

しかしプライス。 おいしいんだけどハンバーガーに 1,000円って‥ やっぱり高いと思ってしまう。 ポテトつきでもねぇ。 せめてもう一声、 ドリンクもつけてくれたら。

借りてでもわんこ連れで来てみたいスペースです。


アームズ (ARMS)
渋谷区代々木5-64-7
03-3466-5970
11:00~23:00


みずから検索用 : 代々木上原 ハンバーガー アメリカン
  1. 2007/10/02(火) 23:24:22|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ