FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

まとめてレスポンス

2006年 重大ニュースが 「ナマオダジョと対面」 だったのに
2007年 重大ニュースが 「オダジョ結婚」 とは あまりに悲しい。

あちこちからメールが怒涛のように届いておりレスが追いつきません。
その数の多さに うっかり自分が結婚したんじゃないかとカンチガイしているバカモノはわたしです。

2008年は 媚びない女 として 何か聞かれても 「別に」 の一言で済ませるくらいのイキオイで参りたいですな。
スポンサーサイト



  1. 2007/12/29(土) 15:43:51|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

地域忘年会 :: 代々木 GREEN SPOT

またまた登場の GREEN SPOT。 今度はご近所つながりのみんなで忘年会です。

友人の Y が最近カナダ人のダーリンと結婚したので カナダつながりの U さん (Yさん? Dさん?) に紹介しようと夫婦で招待したけど 当の U さんはそのカナダに行ってしまっていて欠席。 これは残念でしたが また今度。

「ししおとめの会」 以来の久しぶりの友達や しょっちゅう飲んでる友達や 初めての方、 みんなで食事を楽しみワインを飲みまくり、 盛り上がった夜でした。

あらためて six degrees of separation、 知り合いの知り合いが知り合いだったりすることも多く、 物知りで健全で頭のよい人々とこうして楽しいときを過ごせることはシアワセなことだと思います。

その後はアフロかぶってのカラオケ。 この日は タンバリンたたき過ぎて掌に青アザ つくることはありませんでしたが これは1ヶ月という短期間で達成した奇跡的な成長とも言えましょう。


来年もよろしくお願いします!!


GREEN SPOT
住所 : 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-21-12 ガイアビル1F
TEL : 03-3379-0013
営業時間 : ランチ  11:30~15:30(L.O.15:00) ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 : 土・日・祝


みずから検索用 : 代々木 フレンチ
  1. 2007/12/27(木) 22:34:25|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

natale 2007 :: 中目黒 cerchio

女という生き物はなぜこうにも 「特別扱い」 が好きなんでしょう。

クリスマスパーティーをしよう! ということになり 早速 「中目黒のアニキ」 に相談。 通常の忘年会コースが 5,250円で 食事と飲み放題までついてくるところ、 「そこに 1,000円 上乗せするから 乾杯用のスプマンテと幻の天草大王をクリスマスっぽく丸焼きにしてつけて♪」 と依頼。 あっさりOK。 karinさん特別コースの完成。 えへ。

会費としては そこに若干上乗せし 持ち込みのケーキと会場装飾費に充当、 という美しいバランスシートも完成。 もちろんわたしの仕事じゃありません。

幹事グループでそれぞれ数人づつ友達を誘って 集まったのが合計30人!! 皆さん積極的に交流してくださるメンバーで 楽しいパーティーになりました。 懐かしの 「プレゼント交換」 までやったし♪ 楽しかった♪

nakameguro

アニキにさばかれる天草大王氏。 中のお米にも旨みがしみてておいしかった。


相変わらずおいしくておなかいっぱいなお食事に加えての特別メニューは 「鶏のトサカ」。 「イタリアでは鶏のトサカを食べることがある」 という話をどっかで聞いて以来 ずっとダダこねていたのをついに出してもらいました!! お兄さまありがとう! (ダダこねるときの呼称) 自分のワガママを覚えててもらえることはさらに好き。

nakameguro

初トサカ、 軟骨のコリコリっぽいのかな、 という想像とは違って 皮に近いコラーゲンでした。 ギザギザしてたり、と形がリアル。 こういうのってジョシのほうが抵抗なくパクパクいけるのよね。 やっぱり。

膝痛特報: ヒアルロン酸が豊富で関節にもいいんですって。


トサカを実現したので 次に狙うは 「天草大王の筑前煮」。 すでにイタリアンの枠を逸脱。


また来年もよろしくお願いしますね、 お兄さま♪




cerchio (チェルキオ)
東京都目黒区中目黒 3-6-2 1F
TEL : 03-3760-0808
  1. 2007/12/25(火) 18:08:51|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1クール完結型

パーティー三昧のレビュー日記。

初めての人ばっかりのワイン会に行ってみたりもしました (Gコンじゃないよ)

もう年末に場所を選ぶ贅沢は許されていないので、 というコメントつきの新宿の THE WINE BAR。 学生のころは 「先輩が連れてってくれる店」 だったけど ここ数年は足を運んでません。 あのころも素敵な先輩にたくさん恵まれていたのだわ。

今回の会、 ほんとに知らない人ばかりだったから 期待値はまったくのニュートラルに設定されてましたが 皆さん話題が豊富で楽しい会でした。

中でも 「出会いから入籍まで Quarterly で完結した恋」 なんて話も聞けて みんなで笑いこけて感心して最後には 「じーん」。 拍手。


アタシってつくづく人にツイてる。 過去も現在もたぶん未来も。 「健康」 (心も含めて) があれば よい 「人間関係」 は生み出せる、 よい 「人間関係」 がうまくまわれば 「金銭」 は生み出せる、 とすると 巨額な遺産みたいな固定資産を持っていても健康と人間関係に恵まれてない人は磨り減る一方でカワイソウだな。 勝手な持論だけど。 あとは富だけだ。


「たとえ足摺岬から片足が滑り落ちてもカツオの魚群に棹をたらす気概」 というヨッパ話も備忘録。
  1. 2007/12/22(土) 16:10:38|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仏の顔にも限界が

所用があって丸の内へ。 OL の聖地(?) いつまでも進出しきれない外地。

帰り際に新丸ビルあたりでブラブラしてたら エ○テカがやっているらしい ハーフボトルとシャンパンだけ扱うお店を発見。 食卓でもシャンパンを楽しみたい、とか grand vin をハーフでも楽しみたい、 とか 「中食」 の延長線上にある仕事がえりニーズの吸い上げでしょうか。 棚が通路に面して細長く並んでいるような店構えで気軽に立ち寄れる雰囲気。 会社帰りにちょっとこんなスポットって‥ なんかオサレだわ、 さすがは丸の内。 と思いながら ブラブラ見てました。


若い店員さんがつつーっとやってきて

「こちらは甘口で飲みやすいんですー」 とご説明。

指さしてる先が Veuve Cliquot Ponsardin。

「え? ‥甘口ですか???」

どう見てもイエローラベル。 どう見ても辛口。
うっかりどうにかなっちゃったかと思った視力は 1.0 をくだらないはず。

「あ、 いえ、 えっとー。 (主旨はわからないけどゴチャゴチャっとしゃべる)」


ま、 許す。 1度は。

甘い > 飲みやすい > 女が買う、 なんて昭和のセールストークも気になるものの ま、許す。



さらにしばらく見てたら 同じお姉さんが近づいてきて

「こちらはイタリアのなんで デザインもキレイですよねー」

今度 指さしてるのが ナナメ赤線の MUMM なんだな。


「え? 『シャンパーニュ』 ですよね? そう書いてありますよね? しっかりと???」

ついついさっきより詰問口調に近づいてしまうのが働くミソナカの悲しい性。


正直もうほっといてもらいたいのに 彼女的に 「汚名挽回」 と腕まくりしたらしく そのあともしばらく後ろからついてきて何かしらしゃべりたそうにしてましたが。

「説明はいいですよ (ついてこなくてもいいって、 どーせイラつくだけだから)」 と 満面の外交スマイルでさよならして差し上げました。


エラーもあまりにケタが大きくなると仏の顔も2回が限界なの。 美容に悪いし。

  1. 2007/12/19(水) 23:52:44|
  2. 東京日和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Sunday lunch :: 代々木上原 Le Cabaret

やんごとなき相談事があり この手のジャンルのメンターを委託している reno さんを呼び出してサンデーランチ。 百歩まちがっても 『恋の相談』 じゃありません。

忘年会続きで胃腸が疲れてるのかと思いきや、 「キャバレでガッツリ昼からワイン行こうぜっ!」 とのこと。

1,500円のランチプレートは チキンのロティ? コンフィ? だっけ? は このとおり結構なガッツリっぷり。 そこらのカフェならこの半分の1ピースというところでしょうか。 ニンニクとハーブが香ばしく昼からワインが進む一品。 つけあわせのマッシュポテトが罪なヤツでボリュームにさらに加担。

yoyogi

これだけでも結構なガッツリだというのに この前にカニオムレツを追加して2人でシェア。 こちらもパセリが利いていてその前にいただいた白のグラスワインとよく合います。 タマゴでも香りを強めにつければワインといけるんですねー。

ランチについてくるドリンクはグラスワインも選べるといううれしいオプション。 なので ここでコーヒー飲んだことってそういえばありません。

久々に来ましたが 相変わらずのパリっぷり。 第一床がタイルってところがもうパリっぽいし 黒板のメニューもパリっぽいし トイレの壁画が原田知世さんのダンナさま、 エドツワキさんの壁画でこれがまたヨーロピアンテイスト。 若干妄想含。 最近ナナメ向かいにまたいい感じのカフェができ、 逆ナナメ向かいが庇とシャッターを青と赤に塗り替えたのがトリコロール・マイナス・白で若干サンジェルマンデプレの妄想に加担。

地蔵通りパリ化計画は順調な様子。
わたしの 「NHKだけでフランス語マスター」 計画はきわめて不調です。


---------------

店名 ル・キャバレー (Le cabaret)
TEL 03-3469-7466
住所 渋谷区元代々木町 8-8 Motoyoyogi Leaf 1F


みずから検索用 : 代々木上原 フレンチ ワインバー
  1. 2007/12/16(日) 23:43:44|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

友達100人できる人

毎年そうだけど12月はほんとにパーティー三昧。

「100人が集まるネットワーキングパーティー」 に参戦。 前々から情報交換している job agent の主催で 異業種・異国籍・異言語の人々が100人集合。

100人っていう規模はホントにすごかった。 ピザ屋の床が抜けるんじゃないかと思うくらい人が集まっていて ホリーゴライトリーのルームパーティー状態。 バンドがクリスマスソングを奏でたりと賑やかで楽しかったのだけど 賑やかすぎて気が引けてというか回流している魚群のポイントがつかみきれず あまり名刺交換できませんでした。

あれだけのイベントを仕切るのってすごい。 やっぱり 「人」 に縁る仕事って向き不向きがあるんだなぁ。 そろそろ本業のほうでお世話になろうかと。
  1. 2007/12/10(月) 16:08:51|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消化不良 :: 南新宿 M de H

ちょっとしたグループの打ち上げ? 忘年会?? 開始時間が8時と遅め、 そこから新宿の大混雑に乗り込むだけの気力はありません、 という状況の中、 南新宿の Mxxxxx de Hxxxxx でテーブル確保。

「食文化不毛の地」 新宿で数少ない頼りになるワイン処、 だと思っていたのですが・・ しばらくぶりに行ったらちょっと様子が変わってました。

お料理が出てくるのがひどく遅い。 パテやマリネでさえ相当待たされました。 ワインリストもかなり変わってしまっていて 以前は 「リーズナブルでも工夫されている」 ようなものが多かったのに 「単にリーズナブル」 なものばかりに変わってたし わたし好みのオレピノもなくなってしまっていました。 その中でもちょっと面白そうなのは聞いてみれば欠品だし‥。 師走のせい?

忙しそうでも いろいろお料理とワインの説明もしてくれるのですが 「ロートシルト家ゆかりの右岸で」 というのは ラフィットのこと? 何系のロスチャイルド?? とか いまいちピンと来ない会話がもどかしい感じ。 あんまり細かく聞くとうるさい人みたいになりそうだけど ここの分岐は見逃せない。 いや、 でも飲み込んでおこう。

前はもっと詳しく楽しく話してくれる人がいた気がするけどもなぁ。
正直‥ ちょっとつまらない店になったなぁ、 という印象。
  1. 2007/12/09(日) 11:34:57|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金曜討ち入り :: 南新宿 moonbow

昼はカレーで夜はロックバー。 南新宿 moonbow。 昼も結構ロックですけど。

ランチのメニューは曜日ごとに決まっていて、 月・火:チキンカレー、 水・木:ナスとひき肉のカレー、 金曜日:ホウレンソウのグリーンカレー。 それだけ。 カレーにチャイがついてきます。 一律800円。 いい加減に覚えましょうねー?

週明けのウコンを本能が欲するためか わたしの場合 どうも行くたびにチキンの日ばっかりでした。 サフランライスの上にチキンがゴロゴロっと並んでそれはそれでおいしい。 こらえてこらえてようやくたどり着くナスの日もひき肉の旨みがジュワっと溶け出してておいしい。

おいしいにはおいしいのだけども!

なぜ金曜まで待ちきれないんだろうか!!

金曜のホウレンソウだけがいまだに未体験ではないか!!


同じく、 というか‥、 もうずっと前から通ってるはずの ご近所のロックお父さん、 reno さんも 「ホウレンソウ、 ボク知らない」 というので 連れだって待ち合わせましたよ、 金曜ランチ。 その前にずっと前から 「金曜カレー討ち入り」 を約束してた さらにご近所の d さんには急なランチミーティングでフラれたりもしつつ。


待ち焦がれたホウレンソウカレー。

minamishinjuku

見えにくいけどホウレンソウの葉の緑。 グリーンカレーですよ、 ある意味。 その上にゆで卵。 なんとなく得した気分♪ ホウレンソウらしいパワー凝縮系。 ポパーイ! オリーブ! 後からカレーの辛味が。 おいしい。

ようやくこれで全カレー制覇。 達成感とともにチャイで一息。

南新宿ソバ好き連合 (通称:南ソ連) にして 南新宿カレー党も兼任。 南カ党?


ロック少女に鼻の下伸ばしつつ なぜか人のハンカチを撮影する reno 爺。 こんなこと 言ってますが いくらアタシでも流石にそこまでガラッパチではないと思うのです。




ムーンボウ (moonbow) TEL 03-3299-5031
住所 渋谷区代々木 2-30-4 ヨシダペアランドB 102
定休日 日曜日
  1. 2007/12/08(土) 23:48:45|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

打ち上げ :: 代々木 GREEN SPOT

「ウェディングプランナー修行」 と割り切っている仕事の打ち上げ。 20人規模で、となるとなかなかお店もありません。 代々木の土地で30年以上も続いている、 京野菜とワインが楽しめる良店、 GREEN SPOT に決めました。 最近シェフが代わってさらにおいしくなった、 という評判を聞いたので。 「昭和色男伝説」 をあれこれ聞いたときの 以前の訪問記


4,200円のシェフのおすすめパーティーコース

岩手広田湾の特大カキ (これがほんとに大きい)
自家製もちもち ごま豆腐 (箸で持てるプルプルモチモチ)
黒豚・鶏レバー・長芋の田舎風パテ (食感が楽しい)
中トロ鮪と加茂茄子の京風タルタル
本日のお魚と伏見唐辛子のフリット
仏産フォアグラと特選牛ロース マデラ酒ソース
本日のパスタ


カキに始まりフォアグラも入ってパスタはお腹いっぱい出てきて4,200円はかなりお値打ち。

フランスを中心に世界各国から幅広くそろっているリストからワインを選択する喜び。 Cava CRISTALINO で乾杯して 白ワインに Chateau Guiraud のつくる辛口、 「G de CHATEAU GUIRAUD」 をいただき、 Newzealand の Cable Bay Sauvignon blanc、 赤で何か飲んで(?) 最後に LOS VASCOS Reserva をいただきました。

LOS VASCOS、 前に村上龍が小説で書いていて 「そんなにエロいか? LOS VASCOS?」 と思ってましたが フォアグラと合わせていただくと確かに官能的でございました。

温かくて創意工夫があって、 ついでにマダムがオシャレで美しくて、 とてもいいお店だと思います。 オススメ!!


GREEN SPOT
住所 : 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-21-12 ガイアビル1F
TEL : 03-3379-0013
営業時間 : ランチ  11:30~15:30(L.O.15:00) ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 : 土・日・祝


膝痛&ヨコメシ情報 : すべてテーブル席、 トイレも洋式

みずから検索用 : 代々木 フレンチ
  1. 2007/12/05(水) 23:40:20|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キリン スパークリングホップ

「イライラすると甘いものを求める」 => 「忙しいと甘いものが増える」 => 「忙しいと太る」 の公式をたどってしまった 11月。

甘いもの断ち、 家飲み自粛を誓っているところです。
これから忘年会ハイシーズンですから‥。


が、 ジムで激しく運動した帰りに つい買ってしまったのが

KIRIN Sparkling Hop


わかりやすい性格なのでワイングラスに注いでみる。 キリンシティばりにモコモコのビール泡がたつのでグラスクルクルはしませんよ? ウエンツ。

確かにホップの香りがしておいしい。 ヨーロッパのビールみたいな香りでもっと軽く飲める感じ。

ビールとは違います、 と前面に訴求することで 「日本のビール」 を求める層を最初から排除してるあたりがマーケティング的にうまいな、 と そこにうなりました。 多角化事業戦略のたまものでしょうか。 わかりやすい性格なもんで これもガチマンの受け売り。

割とオススメ。 でもキリンヨーロッパとか わたしが気に入るものはすぐ終売になることが多いからなぁ。
  1. 2007/12/04(火) 00:11:55|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007年ヒット商品番付

「日経MJ」 恒例のヒット商品番付が本日発表になりました。 年末までが年々早くなってるような‥、 いや、 気にしちゃいけない。


東の横綱 : 「Wii&DS」
西の横綱 : 「電子マネー」

大関が 東は顔チェキや顔キレイナビといった 「顔認識技術」、 西は 「ハイビジョンビデオカメラ」。 ちなみに2006年も東の横綱が 「デジタル一眼レフ」 でした。 今年は動画に格上げ。

関脇が 東は 「デカ盛りフード」、 西が 「TOKYO」 東京ミッドタウンや新丸ビル、 有楽町イトシアなど都心のランドマークが続々オープンした年でした。 あぁいうのができるとそれまでに何があったのか すぐ忘れてしまいます。

小結に 東は 「動画投稿」、 西に 「ホワイトプラン」。 「ユーザーの頭が真っ白になっちゃうようなプラン、 YOU やっちゃいなよ」 という語源なのだとか。 口調は脚色。

振り返って今年らしいのが 「ビリーズブートキャンプ」、 「おしりかじり虫」、 「千の風になって」、 この辺は紅白に出そう。

響いたのが 「塩系スイーツ」!! 買ってしまった 「レギンス」、 まだ買ってない 「エコバッグ」、 「マイ箸」。

欲しい! と思ったのは 「iPod Touch」、 「∞プチプチ」。

お父さんたちに余裕が出たのか 「室内飛行機」、 「ニッサン GT-R」 の乗り物系。 「ブルーレイ・ディスクレコーダー」。

家電というか住まいへの投資として 「アラウーノ」、 「くるりんポイ排水口」。

え? なにソレ? と思ったのが 「インド式計算法」、 「フリクションボール」、 「グランドピアニスト」

「ミシュランガイド東京」 と 「メガ百貨店」 が話題賞。
消費への貢献はまだ見られないということでしょうか。


下期は価格高騰や景気の先行き不安により消費活動はどうも不調だった、 とのこと。 2008年トレンドのカギは 「環境」 だそうです。



同日発表になった 「流行語大賞」 では 東国原英夫知事の 「(宮崎を)どげんかせんといかん」、 高校生ゴルファー石川遼選手の愛称 「ハニカミ王子」。

「消えた年金」、 「鈍感力」、 「大食い」、 「食品偽装」、 「そんなの関係ねぇ!」、 「どんだけぇ~」、 「ネットカフェ難民」、 「猛暑日」。

消えそうなお笑い枠、 ってあるんですか? ここ数年。
「KYにあきれる」 って言いたいときは 「鈍感力に感心いたします」 と前向き表現でカバー。
  1. 2007/12/03(月) 21:56:55|
  2. トレンド観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ