FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

Oktoberfest 2009

hibiya

日比谷公園のオクトーバーフェストに行ってみました。 まだ5月だけどオクトーバー。 なんでここのは5月にやるんだろう?? Global level での human resource control でしょうか。 きっと緻密に計画してるんでしょうかね、 彼らのことだから。 だとしたら彼らは年間通じてオクトーバー、 ちょっとしたサンタクロースみたいなもん? ってことになります。

最終日ということもあってかどうか、 まわりの日本人も肩組んで踊って盛り上がってました。 楽しかった。 ドイツ好きな日本人ってこんなに東京にいたのか、 と思うくらい、 なんでそんなに歌えるの?? サイン、 コサイン、 みたいな乾杯のかけ声は何って言ってるんだろう、 明日職場で聞いてみよう。


hibiya

一番人気のビールというのが この 「ヴァイスビア」 で、 わたし好みな小麦系のフルーティーな味わいでおいしかった。

Franziskaner Hefe Weisbier Gold
フランツィスカーナ へーフェ
ヴァイスビア ゴールド


そーいえば。 前の会社の worldwide 大集合カンファレンスみたいなのに参加したときに、 ドイツの出してるブースで 世界で2人にプレゼント、 という抽選に当たったことがありました。 ジャパンのわたしとブラジル支社のナントカさんが当選。 で、 それでもらったのが この人たちがはいてる革のパンツ。 後日ドイツから遠路はるばるいろんな gateway を越えて税関も越えて (関税は会社負担でやってくれたらしい) やってきたのはいいのですが‥、 サイズはガバガバだし はいていく場面もないし、 ってことで その次の引越のときに廃棄という憂き目に。 すみません。 そのときも意外といろんな人が これがすっごく高価なだ、 という話をしてて、 日本にもドイツ通って多いんだなぁ、 と思った記憶がよみがえってきましたよ。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/31(日) 22:34:11|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[2008 Argentina] Day 4 : Iguazu Argentine 編 ③ Circuito Inferior (lower circle)

argentinaargentina

滝を下からみる歩道ですよ、 というピクトグラムがカワイイ。 たいていの箇所はきれいに整備されていてゴミなんかも落ちてません。 気持ちよく歩きやすい。

(右) 遠く向こう岸に見えるブラジル側。 あのバンジージャンプの台も! やっぱり高い‥。


argentina argentina

(左) アルゼンチン側にはたくさん小さな滝があって それぞれに名前がつけられています。 これは Salto dos Hermanas (姉妹滝) という名前。 サイズもこじんまりしててカワイイ滝、 水浴びしたら気持ちよさそうな静かなスペースでなんか気に入りました。
(右) 手を振っているのはわたしの影。 ほんとに日差しが強かった。 午前中にだんだん太陽が上がっていくとき、 地図上では北に向かっているはずなのに右から太陽が差してくるのとか、 自分の影が南側に伸びているのとか、 なんとなくアタマと感覚の間にギャップがあります。

argentinaargentina

昨日ボートで下まで行ったあたり。 滝つぼはものすごい勢いです。

argentinaargentina

argentinaargentina

虹がキレイ。 滝の真正面、しぶきを浴びるくらいの距離まで近づけます。
  1. 2009/05/30(土) 15:25:43|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

略式カスレ

すっかり新橋づいている昨今、
ないだ連れて行っていただいたビストロ魚金も結構よかったです。 ご紹介ありがとうございました。

その日にカスレをいただいて、 結構前に自分でもカスレを作ろうと思って缶詰の白いんげんを買い置いていたことを思い出しました。 あいつをそろそろなんとかしないと。


ここらへん とか ここらへん とか うちにあった ELLE A TABLE のバックナンバーとかを見て、 それぞれの面倒じゃないところを抽出してかなり略式のレシピで調理。


cassoulet cassoulet



1.鴨のコンフィをつくる。
略式で鶏の手羽元に塩コショウ、ニンニクに漬けこみオリーブオイルをまぶして圧力鍋で加圧。 本当はグースファットで煮るらしいですが‥ ま、 脂もセーブできるし。 買い物に行った日にはラムもなかったから鶏のみで。

2. その鍋にそのままみじん切りにしたタマネギ、 ニンジン、 角切りにしたベーコンを加えて炒める。

3. チキンブイヨンを加える。
これも略式で去年アルゼンチンで買った Caldo de Gallina という鶏ベースのコンソメのようなダシで代用。

4. ハーブを束にしてブーケガルニをつくる。
これも略式。 こないだ Costco で買ったパックのブーケガルニを加える。

5. トマトとトマトペーストを加える。

6. 前の晩から水にひたして煮た白いんげんを加える。
これも略式で缶詰投下。

7. ここでもう一度加圧。 よく煮込む。

8. 耐熱容器にうつしてソーセージも入れてオーブンで焼く。

以上


トマトが多すぎたのか、 アブラが少なすぎたのか、 カスレっていうよりただの 「白いんげん入りトマト煮込」 のような風味ではありましたが、 Costco のブーケガルニが意外なまでにいい仕事してくれました。 あれがあってのフレンチだ。 しかしつくった量が多すぎて、 今週いっぱいは 「カスレ祭」 ですよ。
  1. 2009/05/27(水) 08:10:18|
  2. 料理天国・ホムパ記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルタ連 か OJN か

今日は終日丸の内、 それだけでもゴキゲン♪
しかも早めに切り上げられそう、 そりゃなお結構♪♪
飲まずにいられるか という日に

「5時には飲みに行っちゃおうかなぁ‥」 なるエサを撒いたら‥ 釣れるわ釣れるわ。
facebook 池と mixi 池から釣り上げたのはドMの二大巨頭。 丸の内立ち飲み連 = マルタ連結成?

いやしかしお二人とも立派なタイトルお持ちなんですね、
あらためて 「エラい人はMである」 の仮説は正しいと思いました。
とすると わたしも相当に GDP への間接的貢献が高いということ。


marunouchi marunouchi

まず新丸ビルの日本再生酒場、 ここはホッピーないんですね。 ハイボールで。
焼き鳥がおいしい。 レバー、 シシトウ、 タン。

そこから新橋まで討ち入ろうかと勇みよく店を出て歩いてみたものの
なんだかパソコンが重くて早くも挫折。 日が暮れてまで昼人格を引きずるとは不覚なり。
2か所目は TOKIA の赤垣屋。 やっぱりホッピー。 ナカおかわり。 アジフライ、 コロッケ。


ひとまずドM集会は解散し、 今度は月島あたりであらためて1杯ひっかけようかと徘徊。 重量障害継続中。
この辺も観光地っぽいけど ちょっと遅い時間になると地元の人が増えてきていい雰囲気ですね。
徘徊中にまた釣果があり、 今度は銀座の社長さんと勝どき裏道の新店に急きょ討入りを果たすことに。


kachidoki

裏路地イタリアン、 Vialetto の向いにある新しいお店、 名前がわからない‥。
一見 和食なのかと思ってたら韓国風のメニューが多いようです。 わたしはもうおなかがいっぱいなんだけど。

日本酒 「亀の尾」 をオーダーしたら こんな錫でできた酒器で供されました。
温度が一定に保たれるのか、 ひんやりして気持ちいい感触。

お店の名前くらい調べておかないと。
あの道は結構いろいろ気になるものがあり、 お蕎麦屋さんは近々討ち入りを果たさなくてはいけません。 南ソ連としては。





日本再生酒場 もつやき処 い志井 ~新丸ビル~
〒100-6505 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
03-6267-0989


赤垣屋
東京都千代田区丸の内2-7-3 トキアB1F
03-5293-8851
  1. 2009/05/24(日) 21:00:09|
  2. たべあるき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルギービール FARO

ポストの都度なんですが、 ゴブサタです。

この春は 「このご時世ですからねぇ‥」 が定番の枕詞の不況感満載ではありましたが、
そんな中でも 自分でビジネスを始める、 とか 構想をあっためていたお店を始める、 とか
やっぱり自分のドメインはこれだ、 と気づいて元のシゴトで再チャレンジすることにした、 とか
長年勤務した会社を辞めて新しいことを始める、 とか‥

とにかく 新しい世界に飛び込む友人・知人がたくさんいました。
そういう風説不況?に負けない人ビトに囲まれていることを本当に幸せなことだと思います。


で、 その中の1人の起業壮行会で出会った印象的なベルギービール。

shibuya

FARO
チョコレートみたいなクロミツみたいな甘い味がする。

去年某所で覚えたチョコレートマティーニにもちょっと似てる感じ。
  1. 2009/05/23(土) 19:58:05|
  2. ワインノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ