FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

[FR06] ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ

前のブログからの移植です。


0418
ヨガで爽快に目覚めた後は Domaine Mongeard-Mugneret ご訪問。 バルコニーがかわいらしいこじんまりした建物はブルゴーニュ地方伝統の工法らしいのですが (大工の娘談) ハリの部分が室内から外まで1本の木でできていて・・ えっと・・ なんだっけ? そこでマダムのお出迎えを受けました。

0418

25haの畑を所有し年間130万本を生産、 と ブルゴーニュのドメーヌとしては大きい規模ながらも マダムは 「わたしたちはネゴシアンではない」 ということを何度も強調していました。 ワインづくりはすべて手作業であり、 それをあらわしたのが このエンブレム。 「ワインの味は90%ブドウで決まる。 人間が演出する必要はない」 というのがポリシー。

0418
世界中に点在するセールスの拠点。 マーケティング担当者は要りませんか。

0418
中でも日本は最大のマーケット、と。 マーケティング担当者は要りませんかね?



テイスティング

0418

0418

Bourgogne 2004
ブルゴーニュ 2004


Vosne Romanee 2004
ヴォーヌ・ロマネ 2004


1ヶ月前に瓶詰めしたばかりでちょっと疲れ気味。 香りは豊かでふくらみがあり 味わいはシャープでドライ 果実味も豊富。 早く飲んでもらえるミレジム。 2003、2002、2005 は寝かせて欲しい、 とのこと。

Vougeot 2002 1er Cru Les Cras
ヴージョ 2002 プルミエ・クリュ レ・クラ


0.7ha しかない畑。 これは6-7年は寝かせるべき

Echezaux 2004
エシェゾー 2004


Grands-Echezaux 2001
グラン・エシェゾー 2001


より濃い味わい、 とてもスパイシーで胸が熱くなる感じ。

0418
テイスティングと一緒に 「Gougere (グジェ)」 というチーズの入ったシューのようなお菓子まで出してくださいました。 とても居心地がよくてマダムは素敵で時間を忘れてしまいそうになるドメーヌ。

モンジャール・ミュニュレのワインを探す



0418
この丸まる太ったハトたち、 フランス人の目には マグロの水槽みたいに見えるんでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/05(水) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[FR06] クロ・ド・ヴージョ | ホーム | [FR06] ロマネ・コンティ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/24-399099c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ