FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

[FR06] ドメーヌ・シモン・ビーズ

前のブログからの移植です。


0416

Domaine Simon Bize & Fils


すでに有名ですがここのマダムは千砂さんという日本人女性。 ご本人がドメーヌを案内してくださいました。 とても美人で 彼女のまわりだけ涼しい風が通り抜けているようなサバサバした雰囲気を持つマダム。 テキパキとすることにムダがなくそれでいてにこやか。 ほんとにカッコいい! 同じ女性でもいったいどういう生き方をしてきた人で どんなことを考えているんだろう? ともっと知りたいと思わせる人です。

441303404Xブルゴーニュワイン村で見つけた世界でいちばん贅沢な生活
ビーズ 千砂
青春出版社 2003-04

by G-Tools



本も出していらっしゃるということで調べてみたら 上智の先輩でしたのね。 代々知的美人を生み出してきたわが母校。

千砂さんの説明によると Cote d'Or (コートドール)とは 「黄金の丘」 と解釈されているけれど 本来の語源は 「Orion」 = 「Oriental」、 「東向きの丘」 という意味だったんですって。

0416 0416

独特の野性的な味わいが特徴の Simon Bize ですが 伝統的な製法へのこだわりが随所にちりばめられています。

発酵: 開放桶で行い、人間が足で踏んでピジャージュを行う。 また、桶は水で洗わないのが清潔に保つ秘訣。

貯蔵: 天然の貯蔵庫、 地下のカーヴで。

選果: 白ブドウは選果はせずに 腐った実もすべて同じ扱いで発酵にまわす。 腐った実が入ると貴腐香が加わるのだとか。 一方 赤ワインになる黒ブドウは選果を完璧に行う。 2005年は収穫がよかったため枝を取り除く 「除梗」 はせずに一緒につけこんだ。 「茎も熟す」 のだそうです。



テイスティング

Savigny le Beaune 2005
サヴィニ・レ・ボーヌ 2005

乳酸発酵を終えたばかりの白。 まだピチピチと炭酸ガスが出ていてにごり酒のよう。

Savigny 1er Cru Bergeles 2005
サヴィニ プルミエ・クリュ ベルジュレス 2005

乳酸発酵がまだ始まったところ。 アンズのジャムやナッツのような香りとプチプチした感触。

Latricieres Chambertin 2004
ラトリエイエール・シャンベルタン

瓶詰め前のタンクから飲ませてくれました。 2004年は日照量が少ない難しい年。

0416

AC Bourgogne 2004 (右)
初めて見たこのエチケットはタンク熟成版。 ストレートな果実の味。 素直でクリーン。

AC Bourgogne 2004 "Les Champlaints" (左)
こちらは樽熟成版。

上の2つはワインを発酵させて搾るまで工程は同じ。 ずいぶん味わいは変わるんですね。

Savigny le Beaune 2000
サヴィニ・レ・ボーヌ 2000

貴腐菌を混ぜてつくる。 チーズや納豆の香りが少し。 ハチミツのような熟成香が後々まで残ります。

Savigny le Beaune 2001 1er Cru "Les Fournaux"
サヴィニ・レ・ボーヌ レ・フルノー 2001

ガンコだったのがようやく最近開いてきて熟成香がつきはじめたところ。 難しい年ほど後から開いてきてどういう味わいになるかわからない楽しみがある、 と。

Savigny le Beaune 1994 1er Cru "Les Serpentieres"
サヴィニ・レ・ボーヌ・1er・レ・セルパンティエール 1994

10年経ってまた色が落ちてきた。 まだまだフレッシュな感じもありつつ熟成感も伴っている

畑の特徴ももちろんありつつ やはりドメーヌの発する個性が印象的。
シモン・ビーズのワインを探す
スポンサーサイト



  1. 2006/04/03(月) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[FR06] ロマネ・コンティ | ホーム | [FR06] ルイ・ジャド >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/26-6e96833b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ