FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

[FR06] ルイ・ジャド

前のブログからの移植です。


ブルゴーニュ2軒目は バッカスのエチケットでおなじみの Louis Jadot

0411
ドメーヌらしい マルク・コラン から一転、 こちらは大手ネゴシアン。

「ドメーヌ」 と 「ネゴシアン」 の違い・・ 復習しよう!

ドメーヌ: みずからブドウ畑を所有し収穫したブドウで醸造まで行い流通させる
ネゴシアン: ブドウやワインを他から買い入れて 醸造や熟成をさせ流通させる



0411
雰囲気もガラリと異なり、 まさにファクトリー。 第二次産業。 「チャーリーとチョコレート工場」。

ブルゴーニュ全土にあちこちに畑を持っていて そこから収穫されるブドウでさまざまなワインを生産しています。 合計 150ha から 150種のワインを生産しています。

ネゴシアンの精神として 「Louis Jadot というブランドは Guarantee ではあるけれども それぞれのアペラシオンこそがワインの特性である」、 なので余計な手を加えるようなことは極力避ける、 ということでした。 人工酵母も低温発酵もしていない、 テロワールの個性を最大に発揮させることが生産者の仕事、 と。

0411

「かもし」 が長いのが特徴。 樽は風雪に耐えた木材こそがタンニンを増幅させるとされ 3年以上持たせるもののみを使用、 フレンチオークのみ。 コーヒーやバニラの香りは無理には出さない、ということ。

0411



テイスティング

0411
Puilly Roche 2002
ピュイィ・ロシェ 2002

2001年に購入した Macon 村の畑から2年目の収穫。
ミネラルや蜜の香り、 花のような広がりと土壌から来る石灰分。


Beaune 2004 1er Cru Greves
ボーヌ 2004 グレーヴ

斜面のふもとに位置する畑。 リッチで芳醇、 樽から来る苦味をちょっと感じる。 「しょうがの香り」? スパイシー。

Hospice de Beaune 2002 Meursault Charmes 1er
オスピス・ド・ボーヌ 2002 ムルソー シャルム


Chassagne Montrachet 1er Cru La Romanee
シャサーニュ モンラシェ ラ・ロマネ

女性的。 花のような香り。 やはりミネラル。 ホタテのコキーヌやバター系のお料理に合いそう。

Santeney 2005 Clos de Malte
サントネイ 2005 クロ・ド・マルト

ここからは樽から出してテイスティング。 力強く白胡椒の香り。

Puligny Montrachet 1er Clos de la Garenne
ピュリニィ モンラシェ クロ・ド・ラ・ガレンヌ

まだ酵母の香りが残る。 ミネラル&フレッシュ。 シダ系の香り。 ハーブのタイム。

Pommard 2004 1er Cru Grand Epenots
ポマール 2004 グラン・ゼプノ

クラシックな仕上がり。 平凡ともいえるが これがテロワールを反映した結果。

Gevrey Chambertin 2004 1er Cru Estourneles
ジュヴレイ シャンベルタン 2004 エストゥーネル

フルーツならカシス。 力強く樽の苦味、 バニラ、モカ、葉巻の香り。 かみごたえがある感じ。

Clos de la Roche 2005 Grand Cru Morey Saint Denis
クロ・ド・ラ・ロシュ 2005 モレサンドニ

甘みがパワフル。 アンズやチョコレートの香り。 ジャム、フルーツコンフィ、熟した果実香。 バラの香り、 シガーの香りも。 馬力の強いワイン。 最低5年、 できれば10年は置かせたい。

Moulin-a-vin 2002 Saint-Jaques
ムーラン・ナ・ヴァン 2002


これは最後にブラインドで出されたワイン。 まさかガメイとは思わなかったー! というのがオチで 言われてからよくよく味わうとやっぱりガメイなのです。 胡椒のスパイス香、 タンニンもありながら リコリス、スミレの香りはガメイの特徴。

そういえば最初の説明のときにも 最近の軽いタイプのボジョレではなく 古典的なボジョレの復活にも力を注いでいる、 という話がありました。 それを味わいで感じさせたかった、 というシナリオ。 悔しいような嬉しいような。



テイスティングも10種にも及ぶとフラフラです。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/02(日) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[FR06] ドメーヌ・シモン・ビーズ | ホーム | [FR06] オスピス・ド・ボーヌ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/27-2f8d5fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ