FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

驚くほどの情報不足

きっかけは去年の FIGARO の新年号ですよ。
美容院で眺めてた 「季節の終わりにブエノスアイレス」。

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2007年 1/20号 [雑誌]
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2007年 1/20号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『南米のパリ』 と呼ばれるだけあって 街の風景がレトロでカラフルで曲線的。 素敵♪ でもなぁ‥ 文字通り地球の裏側だしなぁ、 (中学のときの地図帳にはあのあたりに 「日本の反転の図」 があったことを思い出す) よし、 次の転職のタイミングがチャンスだわ。 概して転職のタイミングのバケーションなんて 「ハンパな季節」 で 「長めに休める」。 となると必然的に一人旅だしそれでリゾートって気分でもないわよね。 ここが運よく冬にあたったらバケーションは夏のブエノスアイレスにしよう。 と、 思っておりました。

世界には他にもまだまだ行きたい所はたくさんあって、 「プラハ」 とか 「バルト三国」 とか 「アフリカ大陸上陸」 とか 「暮らすようにパリ滞在」 とか‥ 今回もいろんな案を検討はしましたが (これからヨーロッパの会社に行くのにヨーロッパというのも芸がないし) やっぱり心はブエノスなわけです。 すでにぶっ飛んでしまってるわけです。


思い返せば‥

第二外国語はスペイン語を習得しました。
トニーレオンの 「ブエノスアイレス」 が好きです。
シアトル時代にはタンゴレッスンを受けておりました。
バンドネオンの音色には胸がじーんと来ます。
フィレンツェのフェラガモで Evita モデルの限定シューズを試着しました
そのとき 心の中で Don’t cry for me Argentina 歌ってました。


いつかは行くことになる宿命だったのです、 ブエノスアイレス。 決まりっ。

どーしよう、 宿命の地でアントニオバンデラスみたいなイケメンと出会ってしまったら。


ところが。

リサーチを開始してみたところでガイドブックの類がない。 地図好きとしては地図の昭文社のガイドブックがごひいき。 地図が正確なのはもちろん、 常にページの上が北を指している、 各ページ間で無駄に縮尺を変えない、 というインターフェイスが好きなんですけども。 そんな選択の余地もなく アルゼンチンをカバーしてるのは 「地球の歩き方」 だけ (当社調べ) しかもこれだって 「アルゼンチン チリ パラグアイ ウルグアイ」 で1冊、 そこには 「イースター島」 と 「南極」 も含む。 広い‥ 広すぎる。

やっぱり遠いんだ‥ アルゼンチンって。


情報が足りません。


某旅行代理店に行ってみました。 「南米」 はアメリカデスクが受け持ってくれるんですと。 早速アメリカデスクでいろいろパンフレットを見てみました。 ペルー世界遺産をめぐる旅! 憧れの南米3都市めぐり! などなど。 いずれも添乗員さんがベッタリ付き添って完全にケアしてくれるような中高年向けのものばかり。 さすがにこれは‥。 高いし要らないサービスついてくるし自由がないし。 と言っても もう現地でその日のホテルを探すほどの体力には自信もないお年頃。

「エアーとホテルだけがついたようなラクチンで自由なパッケージってないんでしょうか」
「残念ながらありません」 と。

添乗員が不要ならば航空券とホテルを別々に手配するという方法になるんですって。 えー ちょっと面倒! そんなにマニアックだったのか! アルゼンチン! ブエノスアイレス! ひー。

でもこのアメリカデスクってすごいですね、 ハワイとか NY とか 誰もが一度は行くようなメジャーなところ (しかもとっつきやすい英語圏) と 一生のうちに行くか行かないかわからないような中南米を一緒に受け持っちゃうんだから。

感心してる場合じゃなくて これは結構意外と面倒くさそうだぞ。


しかしながら。 最近のインターネット上の情報の充実ぶりはすごいですね。 (IT 従事者とは思えないコメント (^^ゞ ) 10年も前になる 前回の完全ひとり旅 (ポルトガル編) のときは 「書店で調べる」 「クチコミ」 「関連映画でも見てみる?」 程度しか情報源がなくて、 ホテル予約だってガイドブック見て FAX 送って返信を待つ、 というような方法で とっても心もとなかったものでした。 「オンデマンド」 以前の時代。

最近は現地に住んでいる普通の市民や旅行経験者の方々が blog などでどんどん生きた情報を発信してる。 SNS でコミュニティにも入れる。 「おぉ。 日曜はアンティーク市が?行ってみようかな♪」 なーんて 一気にご近所感覚ですよ。 ホテル予約もどこかの知らない旅行者のクチコミ情報まで手に入れられるから 大人の女性も泊まってるしここなら大丈夫かな? と想像もつけやすくて 安心です。

ブラボー! Web2.0!!

そんな具合にブエノスアイレス情報探索、 始めました。 まだまだ情報モトム。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/04(火) 09:20:19|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<TSUTAYA DISCAS | ホーム | 幸せな夜が来ますように♪>>

コメント

> minoise さん

どうせ落ちるなら 「恋」 でしょー! 女将!!
キューバも気になるリストに入ってます。 ヘミングウェイがこよなく愛した (という枕詞) 海を眺めてラム飲みたい。 アメリカともっと縁が薄くなったら行きたいところです。 (キューバ入国履歴がうっかり出張を妨げるようなことって‥ ないですかね?)
  1. URL |
  2. 2008/03/06(木) 18:32:28 |
  3. karin #-
  4. [ 編集]

ブエノスアイレス行くのですね~(映画で観ただけですわ)
でも行ったら落ちそう・・・何に?!
南米は9年前にメキシコ、キューバに行っただけなので情報提供できずです。かたじけない・・・
あの頃は、ネット情報不足だったので、キューバのホテルに
FAXはしたものの予約されていず。右も左もわからずテンパったのを今でも覚えています。
南米の一人旅。お気をつけあれ!!
でも楽しみにしています。ヒヒヒッ。
  1. URL |
  2. 2008/03/06(木) 10:36:05 |
  3. minoise #EhEWlkCE
  4. [ 編集]

> Chimay さん

美容院で萌えて でも買わなかったのを悔やみ、 転職が決まってから ジュンク堂でバックナンバーゲットしたはん。 ついでに今年の新年号の 「アンダルシア編」 買ったら 大泉さんたちが泊まってたパラドールが載ってたよ。 クワンカの街を彩る小林製薬糸ようじ、 アンダルシアも惹かれたけど 正直こっちはラブで行きたい、 と未来にキープ♪♪ < 期限なし
  1. URL |
  2. 2008/03/05(水) 18:29:15 |
  3. karin #-
  4. [ 編集]

このフィガロ

私も萌えて買ったのでうちにある。もってけるならもってけー。
ってamazonでバックナンバーも買えるのか。
あとはプイグとガルシア=マルケス読む。
  1. URL |
  2. 2008/03/05(水) 12:29:28 |
  3. Chimay #0eFzfsL2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/316-71a19e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。