FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[2008 Argentina] Day 2 : Buenos Aires 到着 予定を立てる

argentina

もう見られないかもしれない画面だから写真におさめる。 ヒマ。



3月18日 9:20am Buenos Aires Ezeisa 到着

イタリアからの帰りに荷物だけチューリッヒに取り残されたトラウマがあるだけに ちょっと不安。 ここの空港はすっごく小さくて 荷物が出てくるベルトコンベアーの小ささにますます不安。 いや、 そういうよくないことは考えること想像することすらダメ、 と 最近読んだ「ザ・シークレット」 に書いてあったから考えないように‥ 考えないように‥ しようとすると ますます不安。 人間だもの。 でも無事にピックアップ。

この街はどこでもかいだことのない匂いがする。 ちょっとヨーロッパっぽいホコリっぽい感じもあるけど 南の熱を感じるような匂いもする。 空港からすでにキレイな人が多く、両替の窓口のお姉さんがすでに 「ペネロペ度」 高めでした。

空港からの足は タクシーというかハイヤー? 「レミース」 と呼ばれている運転手つきの車を利用。 カウンターで申込をしたらすぐに手配してもらえました。 90 peso = 30 USD。 シャンプーもできてない30時間移動後のグダグダな疲労体には必要経費。 (空港でシャンプーだけでもしてくれる美容院があればいいのに) 荷物を車に乗せてくれた担当のポーターが英語が通じるから気を許してたら 最後に 「チップよこせ」 と。 げー、 5分の移動じゃん、 この国ってばチップ要求文化かー、 あまり好きじゃないのよね、こういう露骨なのって。 しかもまだ細かいのがないから、 と 2 peso 出したら 「もっとよこせ」 と。 「ない」 と言ったらかなり感じ悪くドアをバタンとやられました。 チップは気持ちよく払いたい、 日本人ですから。

市内までは 30-40分 と聞いていたところが中心部の渋滞に巻き込まれて ホテルに着いたのは結局正午くらい。 ひるがえってドライバー氏は素朴でナイス。 「この時期は semana santa なんだよー、 ホリデーなんだよー、 みんなバケーションに出かけるんだよねー」 らしき話から (あくまで推定) primero でナントカな tiempo だ、 とのこと。 「一年で最高の季節だよ!」 という意味なのか 「一年で一番混雑する季節だよ!」 という意味なのかわからないけど前者として解釈。 ドライバー氏はチップ請求もなく安全にホテルまで送り届けてくれたからよかったよかった。 むしろ順番が逆じゃなくてよかったよかった。


Suipacha Inn

Suipacha 515 Buenos Aires Argentina
Tel/Fax : (54-11) 4322-0099

ホテル探しはネット中心で、 アメリカの旅行サイトなんかを参考にして英語通じるところにコンタクトしてみて、 その中で条件がよくてメールのレスポンスが早かったところ、 で ここに決定しました。 中国人経営だそうで アジア系に共通するように 水まわりが特にこまめに清潔に掃除されていて 反対に不要なところはわかりやすく節約されていて? (たとえば昨日ロビーで見たお花が今日はテーブルにリサイクルされてる、とか) わたしの観点からはニジュウマルなホテルでございました。 決してお姫様の住むところではないけれど。 でも ホテルのカードとかこのサイトのトップページで使われているタンゴの画像が実はどこかの本からのパクリらしい、 というオチつき。 この画像を書店で偶然見つけたときはさすがに腰ヌカしました。 中華名物。

事前にメールでやりとりしていた Laura 嬢とついにフロントで出会ったときはフライトが長かっただけに一瞬メロス気分。 この後の滞在でも部屋を代えてもらったり等々 彼女にはとてもお世話になって最後には別れが寂しくなるほどでした。 帰国後もメールのやり取りがあり 「アルゼンチンの友」 「トウキョウの友」 となれたようです。 緑茶でも送ってあげようかなぁ。 あと 日本人で子供のころにこちらに移住されてきたという方がいらして その方は日本語が通じます。


文野旅行社

こちらも事前にメールでいろいろ教えてくださっていた日本人の旅行社。 今後1週間をどうすごすか、 実際決まってないし バケーションだから思うように予約なんか取れないと言われてるし、 まずは大枠のプランを固めないと。 とりあえず到着後すぐ行きますんで、 との言葉どおり とりあえずホテルでシャワー浴びて一休みしたらまず向かうことに。 律儀なあたくし。


イグアスツアー

あれこれ混雑をぬうようにして手配してもらって ついに確定したイグアスツアーは 翌日の 19日 から 1泊。 時差ボケも治らないうちにまた移動。 AIR = 360 USD、 ホテル = 120 USD と悪くない金額。 このバケーションシーズンは (くどいけど日本の GW みたいなもんだから) たとえ 1泊 しかしなくてもホテルは 3泊分 チャージするそうで‥ それって 「自由経済」 っていうよりもある種の 「カルテル」 じゃないのかなぁ? まぁギリギリ semana santa にかかる前日に正規の 1泊分 のチャージで宿が取れたからいっか。 朝早い便で行って翌日の夜戻る、 という日程なら まぁまぁ時間もあるし 現地ガイドを雇わなくても 多少の時間ロスしながらまわっても大丈夫でしょう、 とのことで 最初勧められていたガイドはなし。 結果的に 「最安プラン」。 てへ。

せっかく ブラジルのビザもちゃんと取ってきた んだから 無事に予約が取れてよかった。 出発前に懸念していた 「黄熱病」 の問題については‥ 特に触れられなかったから ひらすら蚊を避ける、 という消極的ソリューションで。 予防接種はしてないくせに虫除けスプレーは持ってきた、 という中途半端な準備のよさを披露。 セキュリティの基本は 「多重防衛」‥。


タンゴナイト

やっぱり Buenos Aires まで来たからにはタンゴは見たい! これもこちらで 22日 の夜に予約を入れてもらいました。 ショー+ディナー+送迎バスで 250ペソ。


文野旅行社には本当にお世話になりました。 最終日に日本語会話に飢えて駆け込んだ際にまでお付き合いいただきまして。 事前のメール相談のレスポンスもとても早くて丁寧で、 「さてはヒマなのか?」 と失礼なこと考えたりしてましたが 実際どんどんお客が入れ代わり立ち代わりの繁盛ぶりでした。 失礼いたしました‥。


もうひとつ手配しておきたいのが 隣国の ウルグアイ、 コロニア・デ・サクラメント 行き。

コロニアに向かうフェリーは Buquebus 社の運行。 ちょうど近くに窓口があるから その足でフェリー屋も偵察。 滞在期間内に日帰りで行って来られる便はすべて 「満席」 ですと。 おそるべし、 セマナサンタ。 ならば、 と 宿泊を考えた場合 ホテルはホテルでいっぱいだろうから、 と‥。 結局はコロニアにはいけないことが確定してしまいました。 ええええー、 がっかり。

でも 「旅なんてものは何かをやり残すくらいがちょうどいいんだ」 (by オレ) という格言もあることですし、 また次へと希望をつなぎましょう。


次: 5月広場とフロリダ通り散策




この手の本は自分の調子に合わせてうまく使わないと危険、 とは思う。

ザ・シークレットザ・シークレット
ロンダ・バーン 山川 紘矢 山川 亜希子

角川書店 2007-10-30
売り上げランキング : 59
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
  1. 2008/04/05(土) 23:53:56|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[2008 Argentina] Day 2 : 5月広場とフロリダ通り散策 | ホーム | [2008 Argentina] Day 1 : フライトはまだまだ続く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/341-aaaa1f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。