FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brasil 編 ① イグアスへ

ブエノス到着の翌朝は 恐ろしく早い時間に出発して今度はイグアスへ移動。 6時前にはホテルをいったんチェックアウトして1泊分の必要な荷物だけ持って路上で拾ったタクシーで空港まで。 めちゃくちゃ早い!! 今度は国内線の空港、 Aeroparque と呼ばれているほうへ。 間違えないようにしっかりと 「アエロパルケ」 とね。

イグアスの滝 Cataras del Iguazu (アルゼンチン)
イグアスの滝 Foz do Iguacu (ブラジル)

「イグアス (IGUAZ)」 とは原住民のグアラニー族の言葉で 「水 (IGU)」 「すごい (AZU)」 が語源。 滝幅 4km、 最大落差 80m、 毎秒 6万5000トンの水量。 イグアス川 (RIO IGUAZU) を国境として ブラジル、アルゼンチンにまたがっていて 両側から見られます。 アルゼンチン側は大きな滝の数々の合間を縫うようにして歩ける遊歩道から間近で見る迫力、 ブラジル側は大きな滝は少ないもののアルゼンチン側の全景を向かいから遠めにも一望できるというそれぞれのメリットがあり。 1984年にアルゼンチン側が、 1986年にはブラジル側もユネスコ世界遺産登録。


国内線で Puerto Iguazu の空港に到着。 定刻どおり。 機内で箱が配られたのでサンドウィッチかと期待したらクラッカーでした + コーヒー2杯。 なんかまたおなか空いてきた‥。

いちおう 「Internacional」 名乗ってる小さい空港。 着いたらさっそく限られた2日でどうめぐるか、 考えないと。 緻密に時間設計しないと。 それほど時間の余裕はない、 との注意も受けてるし。 とりあえずホテルがある Puerto Iguazu の町まではバスもあるけど本数が少ないというのでタクシーを拾って向かいます。

その空港からのタクシーの運転手さんとは本当にいい出会いでした。 ホテルに向かう道中で 「ホテルからのアシはどうするんだ?」 「アルゼンチンとブラジルどっちをまわるんだ? 両方ならどういう順番で??」 と質問攻めで 「営業されてるなぁ」 と思っていたのですが オファリングが的を得てるしプライス明朗、後払い宣言つき。 その他いろいろ付随情報が豊富だし 何よりこの人、英語が通じるので 丸々1日お世話になることにしてしまいました。 「空港 -> ホテル」、 「ホテル -> ブラジル側の国立公園入り口」、 そこでいったんお別れして夕方に迎えに来てもらって 「ブラジル -> ホテル」 までで 終日 240 pesos = 80 USD。

翌20日というと いよいよ semana santa のバケーションにかかってきて 「アルゼンチン人も移動するからブラジルとの出入国で時間がかかるリスクがある、 1日目にブラジル側をまわってしまってアルゼンチン側の確保したホテルに戻るのがいいよ」 と 文野旅行社もドライバーの Walter も口をそろえて推奨するので、 はい、そうしましょう。 あっさり決定で初日はブラジルへ。 「緻密に」 っていうのはどこへ?


argentina

ブラジル側へ入国。 Bon dia! シュークリームみたいな雲。 ちょっと内陸のほうに来たので乾いた感じの空気。 この国境での入国手続もタクシーに乗ったまま 「オカカエ運転手」 の Walter がやってくれました。 エセレブだから。 てへ。 Obrigada.


argentinaargentinaargentina

ブラジル側の国立公園に入場。 ブラジル側はこの地図に見えるように遊歩道もシンプルで分かれ道もなく、 大きい道は二階建てバスで移動できます。 すごくラク。


次: 禊!!!

------
1939年にブラジルの国立公園に指定され1986年にユネスコ世界遺産に登録されました。フォス・ド・イグアス空港から5km、滝の手前11kmの地点に国立公園ゲートがありゲート前で入場料を支払い公園内専用のバスに乗り換える。公園内のバスで終点の手前「Tropical Das Cataratas」で降りると滝まで続く遊歩道がある。途中いくつかの展望台がある。遊歩道の先端まで行くと滝の目前まで張り出している橋がありそこから悪魔の喉笛が正面に見える。所要時間は1時間~2時間程度。

ソース
スポンサーサイト
  1. 2008/04/08(火) 16:58:14|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brasil 編 ② 禊!!! | ホーム | [2008 Argentina] Day 2 : Buenos Aires 牛肉デビュー :: La Estancia>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/345-93f3882e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。