FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brasil 編 ② 禊!!!

ブラジル側の国立公園に向かう道中、 オカカエドライバーの Walter にオススメされるがままに 「Macuco Safari」 というボートツアーに申込をしていました。 ジャングルの中のジープツアー、 動植物の観察、 軽いハイキング、 そして 「イグアスといえばこれ!」 の情報でよく見るような 滝の真下にまでボートで行くツアー。

こういうアトラクションはもちろんアルゼンチン側にもあるけど 後で時間配分を振り返ってもブラジル側にしておいて正解でした、 アルゼンチン側の国立公園はは遊歩道もいくつかに分かれていて歩いて回るだけでも半日はゆうにかかるので。 ホントに何もかもがはかったように正解づくしの石坂浩二状態。 Walter さまさま。 国立公園の入り口で別れるとき 「園内バスの2つ目の停留所で降りてね」 という注意つき。 この人ってほんとに気が利いてる。

イグアス到着の日にそのままズブ濡れアクティビティをするとは思ってなかった。 「ものすごいズブ濡れになるから荷物は気をつけて!」 というので 売店で 「Plastic bag」 を求めたのに売られたのは 「カッパ」、 成田でレインコート買ったから要らないのに。 しかも2個も買ってしまった‥。 それに気づいたのが 1個は開封してからで 「リファンドしたい」 と申し出たら 「1個は開けたからダメー」 といわれました。 ちぇー。 ま、 ブラジル人がポルトガル語で ホントに 「カッパ」 と連呼してるのが聞けたからいっか。 これが 15 pesos = 5 USD。 おつりはブラジルレアル。 それに結局日本のカッパはつくりがちゃんとしすぎていて この状況ではこっちのポンチョみたいなスタイルのほうが使えたのでこれはこれでよかったけど。

これまたラッキーなことに アメリカ人ツアーがたまたまいて 英語バスに同乗。 (しかも1人のオジさんなんか Husky だった模様) ツアーガイドはヒステリックそうな細身の赤シャツ。


ジープツアーで見るジャングルの植物。

argentinaargentina

ジープを降りて水際まで歩く。 川が見えてきました。

argentinaargentina


いよいよボートツアー。

argentinaargentina

なんと水着に着替えてる人もいます! 「大丈夫かしら、 ワタシ‥。 荷物どうしよう (ビニール袋も買えなかったし)」 と乗り場の手前でマゴマゴしてたら 係員が 「大丈夫だから! オレが見ててやるからそこに置いてけ!」 というので、 「ここってブラジルよね」 とか余計なことは考えず もう 「エイヤ」 でカメラとサイフだけ持ってボートに飛び乗りました。 みんな裸足。 カメラと貴重品のためのビニール袋は結局ヒステリック赤シャツにもらえたし。


アルゼンチン側の滝を至近距離から。

argentina

ときどき安全なところで停まって写真タイムを設けてくれます。 なぜかわたしだけがボートの上で立つことを許されました。 小さいから。 おひとりさまだから。 たぶん。

argentinaargentina

左: その上を飛ぶコンドルと四角い雲
右: 滝のすぐ上を歩ける遊歩道


滝つぼ修行。

argentinaargentina

argentinaargentina

ほんとに小さいほうとは言え 滝の真下まで行ってザバザバに水を浴びるのです。 遠目に見たらどう見ても 「難破船」 みたいな写真。 「もういいって!」 と思うほどくどいほどザバザバ。 それがだんだん気持ちよくなってきて 「マスカラがー」 とか 「日焼け止めがー」 とか 「さっきの荷物は大丈夫かー」 とか 「あのときこうすればよかった」 とか 細かいことの一切がどうでもいいことに思えてきて また浴びたくなる不思議。 過去と他人はどうせ変えられないんだし、 考えてもしょうがないことは考えない、 とすべて割り切った気分にリフレッシュ。 あーすっきり。 禊完了。


さらにその奥には 一番の見どころ 「悪魔ののど笛 (Garganta del Diablo)」 が。

argentina
argentina

水しぶきがぶつかり合ってて雲の中にいるみたい。


次: Tropical Das Cataratas
スポンサーサイト
  1. 2008/04/09(水) 08:49:51|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<[2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brazil 編 ③ Tropical Das Cataratas | ホーム | [2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brasil 編 ① イグアスへ>>

コメント

> V さま

結構内陸だから高地もあるのかもねー。 空が近かった。 カッパはもはや貴重品ガードでしかなかったかも。 でもすぐ乾いたよ。 スペクタクルはこれからまだ続きます。
  1. URL |
  2. 2008/05/11(日) 12:52:07 |
  3. karin #-
  4. [ 編集]

すごいねー

滝自体がかなりの高地にあるのかしらん?雲も近い気がする。
雨がっぱも不要なほどずぶぬれになったのでは?

あまりのスペクタクルさにポーっとしております。
  1. URL |
  2. 2008/05/10(土) 19:56:15 |
  3. V #w7E8CPEA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/346-0e177b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。