FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brazil 編 ⑥ パラグアイをのぞむ

イグアス ブラジル編の完結。 繰り返しになりますが ブラジル側の国立公園はバス移動がほとんどなのでラクチン。 最終地点の Garganta del Diablo から、 あの数々の修行をこなしてきた道中も帰りはスイっと入口まで戻るだけです。 味気ないようなありがたいような。 陸地ではちょっと雨が降ってたみたい、 わたしは水あび修行の連続だったからそれも気付かなかった。 そういえば黄熱病は大丈夫だったみたいw


argentina

タクシードライバーの Walter 結局終日契約でお世話になりました。 ピックアップを 5pm と約束してたのに実際には 4pm すぎには出てきちゃって、 それでもゲートに戻ったら帰りの車がもう待っててくれました、 マテ茶飲みながら。 (やっぱり飲むんだ! とちょっと感動) クリア会計、 後払い、 時間厳守、 英語通じるし、 もしものときのための電話番号も預けてくれる安心ケア (その自宅で受ける奥さんも英語通じるから、 とのこと) 催促されるまでもなく本当に気持ちよく感謝のチップをお支払いしました。 チップって本当は気持ちよく払いたいのよね、 こういう風に‥。 本当にツイてた出会いでした! 最初はもっとお高い終日ガイドつきパッケージしか取れないかと思ったのに。 彼の場合はこの終日契約で 240 pesos。 時間が限られている中で最大に楽しめました。 ありがとうございました。

アルゼンチンに再入国。 両国の国境の橋には 真ん中でブラジルカラーとアルゼンチンカラーに塗り分けられてます。 なんかかわゆい。

argentina argentina


さらには時間があったためのサービスか、 パラグアイとの三国国境地点にも案内してくれました。 へえ、 パラグアイかぁ‥ 武田氏には恵比寿で遭遇したことあったなぁ。 (それだけ?)

argentina

三国国境解説図

argentina


どうせ南米まで30時間かけて飛行機で来るなら今度はあちこち各国を周遊してみたいなぁ。 こちらで会った数少ない日本人旅行者はそういう風にしている人が多かったようです。 魅力的なところもたくさんありそう。 でも 次の転職までは無理だなぁ。 意外と間もなく、だったりして。


次: イグアス番外編 奇妙な日本語ドラマ

スポンサーサイト
  1. 2008/06/10(火) 01:00:00|
  2. 2008 アルゼンチンひとり旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[2008 Argentina] Day 3-4 : Iguazu Argentine 編 ① Hotel Esturion | ホーム | [2008 Argentina] Day 3 : Iguacu Brazil 編 ⑤ Garganta del Diablo>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/361-2b83d3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。