FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

略式カスレ

すっかり新橋づいている昨今、
ないだ連れて行っていただいたビストロ魚金も結構よかったです。 ご紹介ありがとうございました。

その日にカスレをいただいて、 結構前に自分でもカスレを作ろうと思って缶詰の白いんげんを買い置いていたことを思い出しました。 あいつをそろそろなんとかしないと。


ここらへん とか ここらへん とか うちにあった ELLE A TABLE のバックナンバーとかを見て、 それぞれの面倒じゃないところを抽出してかなり略式のレシピで調理。


cassoulet cassoulet



1.鴨のコンフィをつくる。
略式で鶏の手羽元に塩コショウ、ニンニクに漬けこみオリーブオイルをまぶして圧力鍋で加圧。 本当はグースファットで煮るらしいですが‥ ま、 脂もセーブできるし。 買い物に行った日にはラムもなかったから鶏のみで。

2. その鍋にそのままみじん切りにしたタマネギ、 ニンジン、 角切りにしたベーコンを加えて炒める。

3. チキンブイヨンを加える。
これも略式で去年アルゼンチンで買った Caldo de Gallina という鶏ベースのコンソメのようなダシで代用。

4. ハーブを束にしてブーケガルニをつくる。
これも略式。 こないだ Costco で買ったパックのブーケガルニを加える。

5. トマトとトマトペーストを加える。

6. 前の晩から水にひたして煮た白いんげんを加える。
これも略式で缶詰投下。

7. ここでもう一度加圧。 よく煮込む。

8. 耐熱容器にうつしてソーセージも入れてオーブンで焼く。

以上


トマトが多すぎたのか、 アブラが少なすぎたのか、 カスレっていうよりただの 「白いんげん入りトマト煮込」 のような風味ではありましたが、 Costco のブーケガルニが意外なまでにいい仕事してくれました。 あれがあってのフレンチだ。 しかしつくった量が多すぎて、 今週いっぱいは 「カスレ祭」 ですよ。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/27(水) 08:10:18|
  2. 料理天国・ホムパ記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[2008 Argentina] Day 4 : Iguazu Argentine 編 ③ Circuito Inferior (lower circle) | ホーム | マルタ連 か OJN か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyoepic.blog80.fc2.com/tb.php/376-5be42fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ