FC2ブログ

Tokyo Epicurean Girl

「ビューティー&快楽」 を追求するワイン愛好家が日々見つけたおいしいものの記録。

[FR06] クロ・ド・ヴージョ

前のブログからの移植です。


0419
畑が分割所有であるために 一口に同じ名前でも味わいはいろいろですよ、 でおなじみの 「Clos de Vougeot」 を見学。

0419
畑の中心にあるお城。

0419
ちょっと離れて隣にあるのは Clos de Vougeot Blanc。 こちらはモノポール。
  1. 2006/04/06(木) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ

前のブログからの移植です。


0418
ヨガで爽快に目覚めた後は Domaine Mongeard-Mugneret ご訪問。 バルコニーがかわいらしいこじんまりした建物はブルゴーニュ地方伝統の工法らしいのですが (大工の娘談) ハリの部分が室内から外まで1本の木でできていて・・ えっと・・ なんだっけ? そこでマダムのお出迎えを受けました。

0418
[[FR06] ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ ]の続きを読む
  1. 2006/04/05(水) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ロマネ・コンティ

前のブログからの移植です。


0416

石垣の手前から畑を見学しただけですけど・・

0416
しかしながら こんなところでヨガをやったのは 世界広しと言えどもわたしだけではなかろうかと。
日本人見学者が畑の土を持っていってしまうケースが発生していて問題になっているんですって。 土もテロワールの一部、 高校球児じゃないのでやめてくださいね。

0416

テキストで見たとおりに Grand Cru ばかり並んでいます。 土に触れ、 天候を見ながらの生活も素敵、 いつかは。 なんて感動したばかりなのに ここに来て急にまた現実欲求に(しかも過度に)毒され 「球団のひとつくらいは買収してみたい」 なんて言っていたのでした。 なぜ?
  1. 2006/04/04(火) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ドメーヌ・シモン・ビーズ

前のブログからの移植です。


0416

Domaine Simon Bize & Fils


すでに有名ですがここのマダムは千砂さんという日本人女性。 ご本人がドメーヌを案内してくださいました。 とても美人で 彼女のまわりだけ涼しい風が通り抜けているようなサバサバした雰囲気を持つマダム。 テキパキとすることにムダがなくそれでいてにこやか。 ほんとにカッコいい! 同じ女性でもいったいどういう生き方をしてきた人で どんなことを考えているんだろう? ともっと知りたいと思わせる人です。

441303404Xブルゴーニュワイン村で見つけた世界でいちばん贅沢な生活
ビーズ 千砂
青春出版社 2003-04

by G-Tools


[[FR06] ドメーヌ・シモン・ビーズ]の続きを読む
  1. 2006/04/03(月) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ルイ・ジャド

前のブログからの移植です。


ブルゴーニュ2軒目は バッカスのエチケットでおなじみの Louis Jadot

0411
ドメーヌらしい マルク・コラン から一転、 こちらは大手ネゴシアン。

「ドメーヌ」 と 「ネゴシアン」 の違い・・ 復習しよう!

ドメーヌ: みずからブドウ畑を所有し収穫したブドウで醸造まで行い流通させる
ネゴシアン: ブドウやワインを他から買い入れて 醸造や熟成をさせ流通させる


[[FR06] ルイ・ジャド ]の続きを読む
  1. 2006/04/02(日) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] オスピス・ド・ボーヌ

前のブログからの移植です。


ワインの名前にもある 「オスピス・ド・ボーヌ (Hospis de beaune)」 を見学。

0410
おぉー! ワイン雑誌で見た 「トカゲ屋根」 だ!!

0410

[[FR06] オスピス・ド・ボーヌ ]の続きを読む

  1. 2006/04/01(土) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ドメーヌ・マルク・コラン

前のブログからの移植です。


ブルゴーニュ 1軒目!

Domaine Marc Colin

ボルドーのシャトーとは打って変わって ブルゴーニュらしい 「ドメーヌ」。 え? ここ? もう着いたの? というくらい 言ってみれば地味な倉庫づくり。 ついでに言うとウェブサイトもありません。 ほんとうに大規模な 「農家」 なんだな、 というつくり、 そこで オーナーのダミアンみずからが説明してくれました。

サントーバン、 シャサーニュ、 ピュリニィ、 バタール、 モンラシェ に畑を持つ ドメーヌとしては大規模のドメーヌ。 あちこちの畑は収穫するワインで賃料を納める 「フェルマージュ」 というシステムで貸しているのだとか。

0406
年間生産量 = 2樽、 という Montrachet

[[FR06] ドメーヌ・マルク・コラン ]の続きを読む
  1. 2006/03/31(金) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] ボーヌ到着、 ブルゴーニュディナー

前のブログからの移植です。


ボルドーからまたフライトで Lyon に着き そこからバスで延々ひた走り ブルゴーニュの中心で食の都、 ボーヌに到着です。

0406
夜のボーヌ

この日のディナーは 「せっかくだからブルゴーニュらしい食事を!」 ということで カーヴ・マドレーヌ (Caves Madeleine) というお店に行きました。

[[FR06] ボーヌ到着、 ブルゴーニュディナー]の続きを読む
  1. 2006/03/30(木) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] サンテミリオン歴史地区

前のブログからの移植です。


「世界遺産」 マニアとしては 街の散策も楽しみにしていたところ。

0329
教会を中心に広がる街。 ここの修行僧を中心にワインづくりが始められた、 とオダギリジョーに語ってもらいたい♪ ハイジが山を下りて水を汲みにきそうな、典型的なヨーロッパの小さな町です。

[[FR06] サンテミリオン歴史地区 ]の続きを読む
  1. 2006/03/29(水) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[FR06] シャトー・オーゾンヌ

前のブログからの移植です。


もともとはジロンド河の左岸だけを指す狭義の 「ボルドー」 とはお別れ。

0329
ガロンヌ河を渡って 右岸のサンテミリオン地区へ移動すると ちょっとムードの違う牧歌的な風景が広がります。

0329

Chateau Ausone St-Emillion の格付けの ClassA。

0329
4世紀ものあいだ家族がここに住み続けているのだいうオーナーみずからご案内してくださいました。

[[FR06] シャトー・オーゾンヌ ]の続きを読む
  1. 2006/03/28(火) 00:00:00|
  2. 2006 フランスワインツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

karin

Author:karin
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート資格を保有。 来たるべき 「生涯 No.1 ワイン」 との出会いを求め ココロとカラダの健康投資に励む日々。 美容の目標にモニカベルッチを掲げつつ現状はいかに。

現在 転職と引越と南米旅行を一度に考えているため なかなかUPできずにおります。

アクセスカウンター


よろしければポチッと。
banner

Bloglinesで閲読登録

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ